2022.07.26

湘南ベルマーレの田中聡が日本代表に上り詰めるまで。昨季は「ボールに触るのが怖かった」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

サッカー日本代表「パリ世代」インタビュー03
田中聡(湘南ベルマーレ/MF)前編

 それは2年前、2020年シーズンのことだった。

 J1で最下位に低迷していた湘南ベルマーレにあって、未来を照らすひと筋の光明とも言うべき18歳の俊英がJ1デビューを飾っていた。現在、湘南でボランチを務める田中聡である。

当時の田中はユースチーム所属で、まだまだ経験に乏しい2種登録。ところが、ひとたびピッチに足を踏み入れるや、まるで気おくれした様子を見せず、果敢に相手選手に体を寄せてはボールを奪い取った。

気がつけばその年、"高校生ルーキー"のJ1出場試合数は17を数えていた。以降、湘南の守備の要となった田中は、今季プロ2年目、J1デビュー年から数えると3年目となるシーズンを送っている。

   ※   ※   ※   ※   ※

田中聡(湘南ベルマーレ)2002年8月13日生まれ田中聡(湘南ベルマーレ)2002年8月13日生まれ この記事に関連する写真を見る ---- 田中選手は湘南ベルマーレU−18からトップチームに昇格していますが、もともとは長野出身なんですか。

「そうですね、今も家族は長野に住んでいます。サッカーを始めたのも長野市内のクラブ(長野FCガーファJr)で、兄が通っていたので自分も同じところに入った、という感じです。練習場も近かったし、通いやすい環境でした」

---- 中学時代は長野パルセイロU−15に所属していますね。

「一番身近なJクラブがパルセイロでしたから、毎週のように(トップの)試合を見に行っていましたし、憧れがありました。小学生の時のクラブの先輩も、上手な選手はパルセイロのセレクションを受けていたので、自分も受けたいなって思いました」

---- その後、なぜ地元を離れ、湘南U−18に入ったのですか。

「中学生の時から、高校生になったら県外に出たいな、という思いがありました。いろんなところのセレクションを受けるつもりだったんですけど、パルセイロで指導してもらっていたコーチが湘南のコーチになった伝手(つて)で湘南の練習に参加できて、合格をもらったので即決というか、ほかのクラブは受けずにすぐ決めました」