2022.02.10

前田遼一が即決で選んだ自らの代表ベストゲーム。「体力も全部使い果たした感があった」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AP/AFLO

日本代表「私のベストゲーム」(7)
前田遼一編(前編)

これまでに数多くの選手たちが日本代表に選出され、W杯やW杯予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップなど、さまざまな舞台で活躍してきた。そんな彼らにとって、自らの「ベストゲーム」とはどの試合だったのか。時を経て今、改めて聞いてみた――。

 ストライカーらしい発想なのだろう。

「FWとして求められていることは、まずはゴールなので。そこは外せませんでした」

 前田遼一は、自身の日本代表ベストゲームを選ぶにあたり、そう条件を挙げた。

「思い浮かんだのは、(自分が)点をとった試合だけでした」

 なかでも「すぐにパッと思い浮かんだ」という候補が、2試合あったという。

 ひとつは、ワールドカップ・ブラジル大会のアジア最終予選、ホームで行なわれたイラク戦だ。

 ワールドカップ最終予選という重要な試合で、しかも自らのヘディングシュートが決勝点となり、1-0で勝利したとなれば、印象に残るのは当然だろう。

 そしてもうひとつが、今回、前田がベストゲームに選んだ試合である。

「こっち(イラク戦)かなっていうのも少しありましたけど、ほぼ悩まずに決まりました。ゴールやアシスト以外にも、当時の代表で求められていた前からの守備とか、起点になる動きとか、そういうことも含めると、この試合だったかな、という思いがあります」

 4年に一度のアジア王者を決めるビッグトーナメント。そんな重要な大会の準決勝で、しかも、相手が宿命のライバルだったことはもちろんだが、「自分がゴールを決められたっていうのが、やっぱり大きかったです」。

 2011年1月25日、カタール・ドーハで開催されたアジアカップの準決勝、韓国との一戦である。

2011年アジアカップ準決勝の韓国戦、前田遼一は同点ゴールを決めるなどチームの勝利に貢献した2011年アジアカップ準決勝の韓国戦、前田遼一は同点ゴールを決めるなどチームの勝利に貢献した この記事に関連する写真を見る  前年10月にアルベルト・ザッケローニ監督が新たに指揮を執ってから、およそ3カ月。ワールドカップ・ブラジル大会を目指す日本代表にとって、このアジアカップは初めて迎える公式戦だった。

 と同時に、前田にとっては、「僕自身、それまで代表に定着したことがなかったので、初めてレギュラーとして出させてもらった大会でした」。