2022.02.07

福田正博が見た森保ジャパンの2連戦。両CBの出来は大きな収穫。長友佑都の評価は試合終了まで走りきってこそ

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

福田正博 フットボール原論

■中国、サウジアラビアに連勝した森保ジャパン。CB2枚のレギュラーが欠場、長友佑都への批判と賞賛など、いろいろと話題の出た2連戦だった。福田正博氏にそんな2試合の評価を聞いた。

中国戦、サウジアラビア戦で落ち着いたプレーを見せた谷口彰悟中国戦、サウジアラビア戦で落ち着いたプレーを見せた谷口彰悟 この記事に関連する写真を見る

【つなぎで安定感を見せた両CB】

 守備の大黒柱である吉田麻也と冨安健洋を欠く非常事態で迎えたカタールW杯アジア最終予選だったが、中国戦とサウジアラビア戦を終えてみれば、戦前の心配はなんだったのかと思うほど危なげない勝利を重ねた。

 谷口彰悟(川崎フロンターレ)と板倉滉(シャルケ)の両センターバック(CB)は、レギュラーの代役とは感じられないほど落ち着いてプレーしていた。とりわけボール回しのところでは、吉田と冨安のコンビよりも巧みなのではと感じられたほど。

 インサイドハーフに両CBと同じ"川崎組"の守田英正(サンタ・クララ)、田中碧(デュッセルドルフ)が入ったこともあって、DFラインからのつなぎは安心して見ていられた。

 相手がチェイスしてきても、中盤の底に下がってきた守田や田中へ縦パスをつけて相手のプレッシャーをかわし、ポジションを取り直してまたボールを受ける。一見すると簡単そうなパス交換も、川崎のボールをつなぐスタイルのなかで培った連携があればこそ。いっそ右サイドバック(SB)も山根視来(川崎)を抜擢したらと思うほどだった。

 両選手は吉田と冨安が復帰したら再びベンチを温めることになると思うが、存在感はこれまでとは違うものになった。試合中にスタメンに不測の事態が起きても安心してピッチに送り出せるし、吉田と冨安が精彩を欠くようならポジションを奪っても不思議ではない。

 CBはこれまで経験値の面でレギュラーと控え選手との格差が大きいポジションだったが、今回の2試合で層の厚さを証明できたのは、今後に向けた最大の収穫と言っていいだろう。