2021.11.05

日本代表の新たな顔ぶれに総合力アップの可能性。欧州組より川崎組の起用で「欠けている要素」を補える

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Panoramic/AFLO

カタールW杯アジア最終予選特集

 11月11日と16日に行なわれるカタールW杯アジア最終予選、ベトナム戦とオマーン戦を戦う27人のメンバーが以下のように発表された。

GK
権田修一(清水エスパルス)、川島永嗣(ストラスブール)、谷晃生(湘南ベルマーレ)

DF
吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(浦和レッズ)、冨安健洋(アーセナル)、長友佑都(FC東京)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、山根視来(川崎フロンターレ)、中山雄太(ズウォレ)、室屋成(ハノーファー)、旗手怜央(川崎フロンターレ)、板倉滉(シャルケ/ドイツ)

MF
遠藤航(シュツットガルト)、守田英正(サンタ・クララ)浅野拓磨(ボーフム)伊東純也(ゲンク)、鎌田大地(フランクフルト)、南野拓実(リバプール)、原口元気(ウニオン・ベルリン)、柴崎岳(レガネス)、三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ)、田中碧(デュッセルドルフ)

FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)、前田大然(横浜F・マリノス)、上田綺世(鹿島アントラーズ)、古橋亨梧(セルティック)

 目をひくのは、先日、今季のJリーグ優勝を決めた川崎フロンターレの選手が数を増やしていることだ。現所属は谷口、山根、旗手。元所属の守田、三笘、田中、板倉を含めると「川崎系」は7名に及ぶ。

旗手怜央(川崎フロンターレ)とともに代表初招集となった三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ)旗手怜央(川崎フロンターレ)とともに代表初招集となった三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ) この記事に関連する写真を見る  前回(10月)は、この夏に欧州から戻ったばかりの3人(大迫、長友、酒井)を除けば、フィールドプレーヤーは欧州組で占められていた。Jリーグでの活躍が評価されない格好になっていたが、今回は、川崎の3人に加え、前田に上田が招集されている。Jリーグ軽視という批判をかわすためなのか。戦力として実際にどこまで考えているのかは、実際に彼らが出場した時間で判断するしかない。

 植田直通(ニーム)に代わって代表に復帰した谷口は、守備的MFもこなせる多機能性がある。球際には強いが繋ぎに若干難を抱えている遠藤航に代えて、守備的MFで起用してみる手はある。現在の日本に欠けている要素は、ずばり、川崎の長所になる。滑らかなパス回しだ。中盤は谷口、守田、田中らの川崎組で固めてみたい。