2021.10.01

ジーコジャパンを土壇場で救った大黒将志の劇的ゴール「パスが来る確信があった」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by REUTERS/AFLO

カタールW杯アジア最終予選特集

W杯最終予選で日本を救った一撃
日本2-1北朝鮮(2005年2月9日)
~大黒将志(前編)

W杯アジア最終予選において、ラクな試合などひとつもない。つまり、W杯出場切符を獲得することは、決して簡単なことではないのだ。ゆえに、現在6大会連続でW杯出場を決めている日本であっても、最終予選では何度となくピンチを迎えてきた。しかしそのつど、日本代表を救う劇的なゴールを決めてきた選手がいる。ここでは、そんな"大仕事"を果たした男たちにスポットを当てる――。

北朝鮮で会心の一撃を放ち、歓喜のガッツポーズを決める大黒将志(右)北朝鮮で会心の一撃を放ち、歓喜のガッツポーズを決める大黒将志(右) この記事に関連する写真を見る  2005年2月9日、埼玉スタジアム。

 スタンドを埋めたおよそ6万人の観衆は、刻一刻と90分に近づく時計に目をやりながら、焦りとともにピッチを見つめていたに違いない。

 翌年ドイツで開かれるワールドカップ出場をかけたアジア最終予選。日本はその初戦で、北朝鮮を相手に苦戦を強いられていた。

 試合は1-1で後半ロスタイムに突入。このまま引き分けに終わるのか――。そんな窮地から日本を救ったのは、大黒将志の代表初ゴールだった。

 勝利の立役者となった大黒は、この時の一連の活動が日本代表初招集。10日ほど前に代表デビューを果たしたばかりで、この北朝鮮戦が2試合目の出場だった。

 シンデレラボーイ誕生の劇的瞬間を、大黒の回想とともに振り返る。

        ◆        ◆        ◆

 2004年、充実のシーズンを過ごした大黒は、初めてJリーグベスト11に選ばれていた。

 大黒はJ1得点ランク2位となる自己最多の20ゴールを記録。得点王となったエメルソン(浦和レッズ)の27ゴールには及ばなかったが、日本人選手ではただひとりの"大台"到達だった。