2021.10.01

大黒将志の人生を変えた一発。「神様、仏様、大黒様」一夜にして国民的ヒーローになった

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by PICS UNITED/AFLO

カタールW杯アジア最終予選特集

W杯最終予選で日本を救った一撃
日本2-1北朝鮮(2005年2月9日)
~大黒将志(後編)

(前編)はこちら>>

 2005年2月9日、大黒将志は一夜にして国民的ヒーローとなっていた。

「自分にとっても、あれはすごく大きなゴールでした。ワールドカップにも行きましたし、そのメンバーに入れたのも、あれがきっかけというか。そういう意味でも、すごく重要なゴールだったと思います」

 だが、大黒にしてみれば、FWの仕事をやり遂げた充実感こそあっても、ワールドカップ最終予選をそれほど特別なものと実感することはなかった。

「僕にとってはJリーグの試合も、代表の試合も、プロの試合はどの試合も全部大事。FWが生き残るには点をとらないといけないとはずっと思っていたんで、そこだけですよね。

 だから、最終予選っていうのも別に......、代表で普通に練習していて、みんなメチャクチャうまかったんで、突破できひんとか、そういう不安はまったくなくて、絶対勝てるやろなと思っていましたから」

 だからだろうか、戦い終えた大黒は勝利の余韻に浸ることもなく、Jリーグ開幕に備え、ガンバ大阪のキャンプに合流。「すぐにプレーできる状態を作れるように、入ったその日の夜からジョギングにいきましたね」。

 神様、仏様、大黒様――。そんなフレーズとともに、時の人となった大黒だったが、自身は「浮つくこともなく、マイペースでずっとやっていました」。

 とはいえ、周囲は彼を放っておいてはくれなかった。大黒は「僕を知っている人がすごい増えたっていうか、周りはいろいろ変わりました」と、苦笑いで振り返る。

「代表で1点とることの効果の大きさには、ちょっとビックリしました。Jリーグで20点入れても誰も知らんのに、『そんなに一気に(自分を)知ってる人が増える?』みたいな感じ。それまでは、大阪でも声を掛けられるとかもなかったですよ。それが東京駅とかで、知らない人に『あっ!』とか言われて、こっちは『えっ?』みたいな(笑)」