2021.03.30

名波浩が検証する日本代表。遠藤航&守田英正のコンビは新たな発見だった

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 代表撮影:日本雑誌協会

日韓戦において、国内組の選手が数多く代表デビューを飾った。また、各ポジションにおける新たな組み合わせを見ることもできた。それら新戦力や新コンビについて、解説者の名波浩氏が検証する――。

遠藤航とのコンビで効果的な働きを見せていた守田英正 自分が出場した試合も含めて、過去の(A代表同士の)日韓戦を、おそらく30試合くらいは見ていると思うけど、こんなにも日本にビビっている韓国を見たのは、初めてだなという気がする。

 自分が実際にプレーした経験で言うと、韓国は球際の争いとか、セカンドボールの奪い合いとかが激しくて、ボクシングに例えると、インファイト的な感覚でしか対戦したことがなかった。それなのに、今回の韓国は球際で負けまくって、セカンドボールは(日本に)拾われまくられていた。

 それはもう、敵のことながら、ショックすら感じた。コロナ禍にあって、入場制限に加えて声を出しての応援などが禁止されていたので、選手の声がよく聞こえたけど、韓国の選手に(味方へ)プレーの指示をしている様子はなく、レフリーと日本の選手への文句しか言っていなかった。

 親善試合だったとはいえ、選手たちにしてみれば、自分たちの国内評価が絶対的に下がってしまうのだから、本気じゃなかった、とは思えない。にもかかわらず、あんなにも日本を怖がっているとは......ちょっとびっくりした。

 韓国がベストメンバーでなかったのは確か。でも、FWソン・フンミン(トッテナム)やFWファン・ヒチャン(ライプツィヒ)らがいたとしても、あのサッカーではどこまでやれたかは疑問。左サイドのソン・フンミンにボールが出たら、斜めにドリブルして強引にはがしてください、みたいなサッカーをやるのだろうか......。