2020.06.23

思い出すのもイヤだった「ドーハの悲劇」。
三浦泰年、27年後の告白

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 藤巻剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第15回
初めての日本代表で経験した「ドーハの悲劇」~ 三浦泰年(1)

「今までドーハのことを話すのも、思い出すのもイヤでした」

 三浦泰年は少し思い詰めた表情で、そう語った。

「ドーハの悲劇」から27年、日本はW杯に6大会連続で出場し、ベスト16を三度達成した。今やすっかりW杯常連国となったが、三浦の心の中には今も爪で抉(えぐ)られたような傷が残っている。だが、過去を引きずったままでは前には進めない。進むためには、辛い経験を振り返り、検証することが必要になる。

「そろそろ、ドーハを語る時期が来たのかもしれませんね」

 三浦は、27年ぶりに、その記憶の扉を開けようとしていた――。

アジア・アフリカ選手権に弟・カズ(上段右)とともに出場した三浦泰年(下段右から2番目)photo by Shinichi Yamada/AFLO* * *

 1993年、清水エスパルスで主将を務め、プレーしていた三浦に日本代表招集の声がかかったのは、9月25日だった。

 最初は、「えっ、このタイミングで」と思ったという。

 日本代表は、9月10日から25日まで、アメリカW杯アジア最終予選を戦うためにスペイン合宿をこなしていた。柱谷哲二はウイルス性の風邪で入院して参加できなかったが、彼以外でここに呼ばれていない選手は、普通に考えれば最終予選の出場は、ほぼノーチャンスだった。

 だが、9月29日、三浦はいきなり、しかも初めて日本代表に招集されたのだ。

「スペイン合宿に呼ばれていなかったので、その時点でアメリカW杯最終予選を戦う代表入りはないという認識でした。チーム(清水エスパルス)のレオン監督から代表入りの話を聞いた時はやれる自信はあったけど、タイミング的にも選手の層を見ても自分がいなくても大丈夫なチームなんじゃないかと思っていました」