2020.06.16

森保監督「二足のわらじ」はもう無理か。
W杯予選の新日程で問題山積

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月26日と3月31日に開催される予定だった2022年W杯アジア2次予選2試合の延期が正式に発表されたのが、3月11日のこと。さらに、6月4日と6月9日の予選2試合分の延期も4月1日に正式に決まり、森保ジャパンの今後の見通しはすっかり立たなくなってしまった。

森保ジャパンは今度どのような強化を図っているのだろうか 欧州組を含めた実質的A代表として最後に試合をしたのは、1−4で完敗を喫した昨年11月19日のベネズエラ戦。つまり、もう半年以上という長期にわたって活動がストップしていることになる。もちろん、これだけ長い空白期間は史上初のことだ。

 そんななか、AFC(アジアサッカー連盟)がW杯予選再開の新スケジュールをFIFA(国際サッカー連盟)に提出。AFCの提案によれば、現在4節を残しているアジア2次予選を今年10月と11月のIMD(インターナショナルマッチデイ)に開催する予定で、来年3月からはアジア最終予選がスタートする。