2019.01.26

辛勝続き。なぜ日本代表はアウェーで苦戦するのか?

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Fujita Masato

福田正博 フットボール原論

アジアカップで勝ち上がる日本代表について、過去、自らも選手としてアウェーでも戦ってきた福田正博氏が、自らの経験をふまえて、アウェーで戦うことの難しさについて考察した──。

 日本代表はUAEでのアジアカップで、ベスト4進出を決めた。しかし、ここまではアジア勢に苦しめられる展開が続いている。

 そこで、今回は対戦相手の本拠地や、日本以外の国や地域で戦うケースを含め、日本代表がアウェーで試合をする難しさについて考えたい。

アジアカップで辛勝続きの森保ジャパン 海外で戦う試合の難しさは、すべてにおいて『普段と違う』ことにある。よく「平常心で戦え」と言われるが、ピッチに立つ以前から平常時と異なる環境に身を置けば、平常心を保つのは容易ではなくなる。

『移動距離』、『時差』、『気候』、『食事』、『水』のほか、『宿泊施設』や『ピッチコンディション』、『レフェリーのジャッジ』に至るまで、アウェーではさまざまな要素が普段生活している場所とは異なっている。そうしたなかで、いつもどおりのいいサッカーをするには、心身ともにいかにコンディションを整えるかが大きなテーマになる。

 戦術や選手起用にばかり目が行きがちだが、それらは選手のコンディションが整っていてこそうまくいくもの。そのため、現代サッカーにおいてはコンディションが勝利の7~8割を占めると言っても過言ではない。だからこそ、コンディショニングはもっとも重視されているのだ。

 アウェーでの戦いには、W杯予選のような1試合だけの場合と、ワールドカップやアジアカップのように一定期間遠征先に滞在するケースがあるが、ここでは後者を想定して話を進めていこう。

 最初の違いは、気候と時差だ。これに適応するところからコンディショニングは始まる。今回のアジアカップのように真冬の日本や欧州から、暑い地域へ行くことの方が環境適応のハードルは高い。寒い場所から暑い場所に行くと毛穴がなかなか開かずに、汗をかくことに苦労するのだ。

 汗が出ないと、熱が体内にこもってしまい、なかなか普段どおりに体を動かすことができない。そのため、私が現役時代に日本代表を率いたハンス・オフト監督(1992年-93年)は、アウェーの地に到着した日は、すぐに体を動かすことを選手に徹底させていたし、2006年から07年まで日本代表を指揮したイビチャ・オシム監督は、夜中に遠征先に着いたときでも、宿舎に到着してすぐに選手にトレーニングをさせていたほどだ。