2016.05.23

ほぼ10代のパラグアイに惨敗で露見したU-23日本代表の致命的弱点

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by MEXSPORT/AFLO

 スキップができない人、というのがたまにいる。

 できる人からすれば、スキップの何が難しいのかがさっぱり分からないのだが、できない人にとっては、あの”跳んだ足で着地する”独特のステップが難しい。手足をぎこちなく動かし、リズム感のないおかしなステップを踏むことしかできなくなるのだ。

 この日の日本は、まるで「スキップができない人」のようだった。

トゥーロン国際初戦、日本はパラグアイに1-2で敗戦した フランスで開かれているトゥーロン国際トーナメントに出場しているU-23日本代表が5月21日(現地時間)、グループリーグ第1戦を行ない、パラグアイに1-2で敗れた。

 日本は1試合を通じて、どこかリズムに乗れていなかった。0-1で迎えた後半開始から同点に追いつくまでの20分くらいは、主導権を握っていたと言ってもいいかもしれないが、それ以外の60分(試合は40分ハーフ)は、常にオドオドとして余裕がなく、パラグアイのプレッシャーにおびえながらプレーしているかのようだった。

 ここがチャンスと見れば、縦方向へ一気にスピードアップできるパラグアイに対し、日本は一人ひとりがボールを持ってからパスコースを探す場面が目立ち、なかなか攻撃のスピードが上がらない。

 そして、苦し紛れに切り返して相手をかわそうとしたり、バックパスしたりするところをまんまと狙われてボールを奪われてしまう。軽快にスキップしているパラグアイの傍らで、日本はドタバタとリズム感のないステップを踏み続けていた。

 この試合でキャプテンを務めた、MF矢島慎也が語る。