今中慎二が明かす「10.8決戦」で落合博満から仕掛けられた心理戦 「俺はカーブを狙う」の挑発に「一球も投げられなかった」

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

今中慎二が語る「10.8決戦」 中編

(前編:落合博満の一打に「怒りがおさまらなかった」>>)

 球史における伝説として語り継がれている、巨人対中日の「10.8決戦」(6-3で巨人が勝利しリーグ優勝)。その試合で先発した今中慎二氏が語るエピソードの中編では、中日のチームメイト時代に落合博満に仕掛けられた心理戦、高木守道監督の後悔、ナゴヤ球場で同試合を観戦していたイチローについて聞いた。

1994年にリーグ優勝を果たし、ビールかけをする長嶋茂雄監督(左)、落合博満(中央)ら1994年にリーグ優勝を果たし、ビールかけをする長嶋茂雄監督(左)、落合博満(中央)らこの記事に関連する写真を見る

【巨人に移籍する前年の落合から「俺はカーブを狙う」】

――3回表、落合博満さんに打たれたタイムリーで自分を見失ってしまったとのことですが、それだけ落合さんを抑えなければいけないと強く意識していたということでしょうか。

今中慎二(以下:今中) 意識していましたね。1994年は、落合さんが中日から巨人にFAで移籍して1年目のシーズン。前年の9月ぐらいには巨人に行く気満々で、「お前と対戦したら、こういうバッティングをする」みたいな話をナゴヤ球場のロッカーで頻繁にされていたんです(笑)。

 年上の選手が言う言葉って耳に残るものですし、特に落合さんみたいな実績のすごい選手に言われたので、ずっと頭から離れませんでした。キャッチャーの中村武志さんも「俺はカーブを狙う」と落合さんから言われたみたいで。中村さんからそれを聞いた時に「カーブ、投げづらいな......」って思いましたね。

――10.8の試合ではカーブを投げましたか?

今中 1球も投げてないです。やっぱり落合さんの言葉が頭に残っていて、怖くて投げられませんでした。あと、僕がプロ入りして2年目の頃、シートバッティングで落合さんに「カーブを投げてくれ」と言われた時があって。それでカーブを投げると、簡単にライト前に打っちゃうんです。そのイメージも残っていたので、なおさらカーブは投げられなかったですね。

 それでも、このシーズンの序盤は落合さんにあまり打たれていなかったんです。10.8以降、1995年からそこそこ打たれ始めましたけどね。とにかく落合さんには、前年からの心理戦でバッテリーごとやられた感があります。

――これまでに、落合さんと10.8のことを話す機会はありましたか?

今中 落合さんが中日の監督をされている時に度々話す機会はありましたが、決まって10.8の話をしてくるんですよ。僕は話したくないんですけど(笑)、落合さんは自分が打って活躍していますし、勝った側ですからね。

1 / 4

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る