女子野球界のレジェンド・里綾実が語る「5年ぶりワールドカップ開催の意義」と「女子野球の未来」

  • 高木遊●文・写真 text & photo by Takagi Yu

「やっと始まるなという思いです」

 5年間、待ち続けた舞台に女子野球界のレジェンドが戻ってくる。

女子野球ワールドカップ6大会連続出場となる里綾実女子野球ワールドカップ6大会連続出場となる里綾実この記事に関連する写真を見る

【女子野球を取り巻く環境の変化】

 9月13日から広島でグループステージBが始まる第9回WBSC女子野球ワールドカップ──もともとは隔年で行なわれており、本来なら前回の2018年大会から2年後の2020年に第9回大会が行なわれるはずだった。

 だが、世界中に広がった新型コロナウイルスの影響もあり、開催が一向に決まらず。それが今年になってようやく2023年にグループステージ(A組は8月8日〜13日にカナダ・サンダーベイ/B組は9月13日〜18日に広島)を行ない、2024年に世界一をかけたファイナルステージがカナダ・サンダーベイで開催されることが決まった。

 前回大会で3大会連続となるMVPを獲得した投手の里綾実(さと・あやみ)は、すぐに次の大会に照準を絞っていたが、5年の月日が流れ、その間、周囲の環境は大きく変化した。

 女子野球全体で見ると、里も所属していた日本女子プロ野球機構が無期限の活動休止となった。一方で阪神と巨人の球団組織内に女子チームができ、高校野球の決勝が春は東京ドーム、夏は甲子園で行われるようになるなど、ポジティブな要素も多い。

 現在はクラブチームの西武ライオンズ・レディースでプレーする里は、プロ野球時代のありがたみを今あらためて感じることは多いという。

「プロと付くことで女子野球のことをあまり知らない人でも食いついてもらうことがありました。また毎試合ネット配信があって、ピリピリとした中で結果を求めていたなと思います」

 里を取り巻く環境は大きく変わったが、モチベーションが下がることはなかった。前回大会時は28歳だった年齢は33歳になったが、「ワールドカップ7連覇」と「その決勝の先発マウンドに立つ」という目標は変わらずに、今もそれを実現する一心で日々のトレーニングに励んでいる。

1 / 2

プロフィール

  • 高木 遊

    高木 遊 (たかぎ・ゆう)

    1988年生まれ、東京都出身。大学卒業後にライター活動を開始し、学童・中学・高校・大学・社会人・女子から世代別の侍ジャパン、侍ジャパントップチームまでプロアマ問わず幅広く野球を中心に取材。書籍『東農大オホーツク流プロ野球選手の育て方〜氷点下20℃の北の最果てから16人がNPBへ〜』(樋越勉著・日本文芸社)『レミたんのポジティブ思考"逃げられない"な"楽しめ"ばいい!』(土井レミイ杏利著・日本文芸社)『野球で人生は変えられる〜明秀日立・金沢成奉監督の指導論(金沢成奉著・日本文芸社)では、編集・構成を担当している。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る