「ボールが消えた」「速くて見えない」カープ黄金期の名プレーヤー・高橋慶彦が驚愕した5人の名投手

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

江川卓(元巨人)

 小松のストレートも速かったけど、「ズドン」と速くて重かったのが江川卓さん。理論上、ピッチャーの投げた球が浮くことはないんだけど、江川さんのストレートは本当にホップしていた。真ん中だと思って振ったボールが、とんでもない高さだったり......ボールの伸びということでは、間違いなくナンバーワンだったね。

 ただ江川さんは、オレと対戦する時は明らかに手抜きしていた(笑)。まぁ、そこまで力を入れなくても抑えられたということだろうけど、それでもいいボールを投げていた。それで得点圏でランナーを背負うと、突然ギアを上げてきてね。その時のボールがとにかく速くて、ベース付近で加速するから怖かった。

 当時の江川さんは真っすぐとカーブしかないのに、あれだけ抑えることができたというのは、次元が違っていたのかもしれない。今じゃちょっと考えられないよね。プロ野球史に残るピッチャーであることは間違いない。

松岡弘(元ヤクルト)

 ストレートとカーブのコンビネーションなら、松岡弘さんも忘れない。ストレートが速くて、しかも低めに伸びてくるからそれだけでも十分に打ちづらいボールだったんだけど、松岡さんはなんと言ってもカーブがすごかった。

 松岡さんのカーブは、左打席から見ると、1回外に浮いて、そこからインコースに食い込んでくる軌道で、わかっていても打てなかった。よく「ブレーキの効いたカーブ」って言われるけど、松岡さんのカーブはまさにそれ。カーブのあとのストレート、ストレートのあとのカーブは打てなかったね。

 いつも5回ぐらいまでストレートとカーブだけで手も足も出ないのに、なぜか6回からチェンジアップを投げてくれる。これが不思議とタイミングが合って、よく逆転した記憶がある。

 松岡さんは200勝にあと9勝足りずに通算191勝で現役を終えたんだけど、ストレートとカーブだけ投げていれば200勝はできたんじゃないかな。それだけ強烈なボールだったし、いま振り返ってもなんでチェンアップを投げてくれたのかがわからない(笑)。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る