2022.06.03

岩瀬仁紀に聞く。100球未満の完封劇「マダックス」はなぜ増えた? 佐々木朗希の達成の可能性は?

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi
  • photo by Koike Yoshihiro

 4月16日に上茶谷大河(DeNA)がヤクルト戦で91球、4月19日に加藤貴之(日本ハム)が楽天戦で90球、そして5月11日には東浜巨(ソフトバンク)が西武戦でノーヒット・ノーランを97球の「マダックス」で達成している。

「マダックス」とは、メジャーで活躍した往年の大投手、グレッグ・マダックスに由来している。マダックスは1986年から2008年までの23年間で通算355勝を挙げた技巧派右腕で、少ない球数でピッチングをすることから100球未満の完封劇を「マダックス」と呼ぶようになった(自身は13度達成)。

今年4月に「マダックス」を達成した日本ハムの加藤貴之今年4月に「マダックス」を達成した日本ハムの加藤貴之 この記事に関連する写真を見る

技巧派投手が圧倒的⁉︎

 ここで、昨年までの直近10年間で「マダックス」を達成した投手を見てみたい。

2011年
チェン・ウェイン(中日)/巨人戦/96球/被安打2/奪三振4/四死球0

2012年
木佐貫洋(オリックス)/楽天戦/95球/被安打4/奪三振4/四死球0
武田勝(日本ハム)/楽天戦/96球/被安打2/奪三振1/四死球3
国吉佑樹(DeNA)/広島戦/92球/被安打3/奪三振4/四死球3
吉川光夫(日本ハム)/西武戦/95球/被安打2/奪三振7/四死球1

2013年
木佐貫洋(日本ハム)/阪神戦/91球/被安打2/奪三振5/四死球1

2015年
山中浩史(ヤクルト)/広島戦/96球/被安打5/奪三振2/四死球1
西勇輝(オリックス)/ロッテ戦/95球/被安打3/奪三振8/四死球2

2016年
美馬学(楽天)/ロッテ戦/96球/被安打3/奪三振2/四死球0
小熊凌祐(中日)/DeNA戦/93球/被安打1/奪三振5/四死球1

2017年
金子千尋(オリックス)/ソフトバンク戦/92球/被安打2/奪三振5/四死球0

2021年
小川泰弘(ヤクルト)/中日戦/99球/被安打3/奪三振6/四死球0
早川隆久(楽天)/オリックス戦/98球/被安打3/奪三振8/四死球2
髙橋遥人(阪神)/中日戦/97球/被安打5/奪三振7/四死球0

 これを見ると、やはり奪三振数、四死球数の少ない投手が圧倒的に多い。