2022.05.02

ヤクルトの2000年ドラ2位投手、鎌田祐哉が振り返るプロ入り秘話と試練続きだった現役時代

  • チャッピー加藤●文 text by Chappy Kato

ヤクルト2000年ドラフト2位
鎌田祐哉インタビュー 前編

 プロ野球界は実力の世界。ドラフトで新人選手が入ってくれば、その分、枠を空けるために戦力外通告を受ける選手がいる。

 NPB(日本野球機構)が昨年4月に発表した「進路調査結果」によると、2020年オフに戦力外通告を受けた、または現役を引退した日本人選手133人中、野球関係の仕事に就いたのは101人(約76%)。4分の3は、他球団や独立リーグなどで現役を続けるか、指導者や球団スタッフとして球界に残る道を選んでいる。

ヤクルトの先発、リリーフとして活躍した鎌田ヤクルトの先発、リリーフとして活躍した鎌田 この記事に関連する写真を見る  注目は、残り4分の1のうち、野球とは無関係の「一般企業」に就職した選手が11人(約8%)いることだ。彼らは、まったく畑違いの世界でセカンドキャリアを歩む選択をしたのである。

 元プロ野球選手は、少年の頃から野球ひと筋、という人が多い。20代の若い選手や社会人野球出身者ならともかく、一般企業に勤めた経験がない30代の選手にとっては、新卒の社員に交じって新人研修を受けたり、年下の上司の下で働くのは精神的にもつらいものがあるだろう。

 しかしなかには、現役時代の経験を武器に、第二の人生で成功を収めているケースもある。今回はそのひとり、ヤクルトで投手として活躍し、2012年に現役を引退した鎌田祐哉にスポットを当ててみたい。

 鎌田はヤクルト入団1年目の2001年、いきなりリーグ優勝と日本一を経験。その後も先発・リリーフの両方で活躍したのを覚えているファンも多いだろう。鎌田が選んだ第二の道は、なんと「不動産」の世界だった。

筆者は2018年に、あるラジオ番組の仕事で鎌田を取材。畑違いの分野に転職した経緯と現在について話を伺ったことがある。ただし野球関連の番組ではなく、取材時間も限られていたので、現役時代のことを深く聞けなかったのが心残りだった。

 今回は貴重な話をたっぷり伺うことができたので、2回に分けて紹介する。球界で得た経験を不動産の世界でどう活かしたのか? 最近転職した方、これから違う業種で頑張ってみようと考えている方にも参考にしていただければ幸いだ。