2022.03.28

中日・片岡篤史ファーム監督が意識改革に手応え。ブライト健太など若手への育成法や重視していることを語った

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • Photo by Sankei Visual

プロ野球2022開幕特集

中日・ファーム監督
片岡篤史インタビュー

 春のキャンプ、春季教育リーグを経て、3月18日からウエスタン・リーグを戦う中日の片岡篤史ファーム監督。キャンプ前には、自身2度目の新型コロナウイルス感染が判明。入れ替わるように立浪和義一軍監督が感染し、キャンプ序盤は代理として一軍を指導した。

 想定外の船出となったが、3月20日の広島戦では指揮官として嬉しい公式戦初勝利。27日には一軍の立浪和義監督も初勝利を飾った。今後、ファームで育った選手たちが一軍で活躍する機会も訪れるだろう。ウエスタン・リーグ開幕前に、片岡監督が今季にかける意気込みや、それまでの手応えなどを語った。

根尾昂(右)に指導する中日の片岡ファーム監督根尾昂(右)に指導する中日の片岡ファーム監督 この記事に関連する写真を見る ――キャンプでは新型コロナウイルスに翻弄されましたが、当時はどんな心境でしたか?

片岡篤史(以下:片岡) まず、自分にコロナの陽性反応が出た時は、「またか......」という気持ちでしたね。立浪監督になって新しいスタートをきるという時に足並みが揃えられず、迷惑をかけてしまって申し訳ないという気持ちでした。

――復帰されるタイミングで、今度は立浪監督が感染しました。一軍の指揮から始まりましたが、その時に苦労したことは?

片岡 ファームの首脳陣で手分けするなどして一軍を見ていましたが、今は動画を活用できますし、スマートフォンを持ちながら立浪監督やコーチから指示を受けたりしていたので、不便さは感じなかったです。グラウンドに来られなくてもまったく選手のことを見られないわけじゃない時代ですからね。

 バッティング練習が終わったあとに動画を見ながら選手と話すこともできます。もちろんグラウンドで見たほうがいいでしょうけど、直接ではなく動画で見るからこそわかることもあります。

――教育リーグでは、本塁打を打った平田良介選手を一軍に即昇格させるなど、若手・中堅・ベテランに関わらず、多くの選手にチャンスを与えている印象があります。

片岡 多くの若い選手が一軍のキャンプに帯同したので、どうしてもファームには中堅の選手が多くなったんです。今年の沖縄は雨の日が多くて、なかなか晴れた日が少なかったんですけど、中堅の選手たちはしっかりと練習してくれたと思います。