2022.03.26

巨人の星・山﨑伊織&堀田賢慎ってどんな投手? トミー・ジョン手術からの復活「オレのこのボールを見てくれ」

  • 市川光治●文・写真 text & photo by Ichikawa Mitsuharu(Hikaru Studio)

プロ野球2022開幕特集
巨人・山﨑伊織&堀田賢慎 Wインタビュー

 プロ野球の2022年シーズンがついに開幕した。2年ぶり優勝を狙う巨人は、投手陣の立て直しが急務で、なかでも大黒柱・菅野智之に続く投手の出現が待たれている。そんななか、今シーズン大注目の投手が山﨑伊織と堀田賢慎である。はたして、巨人に新たな息吹を吹き込むことができるのか。ふたりに今シーズンの意気込みを語ってもらった。

今シーズンの活躍が期待される巨人・山﨑伊織(写真左)と堀田賢慎今シーズンの活躍が期待される巨人・山﨑伊織(写真左)と堀田賢慎 この記事に関連する写真を見る ◎山﨑伊織

憧れは坂本勇人

── どんな子ども時代でしたか?

「『ONE PIECE』が好きでハマってましたし、野球漫画は『MAJOR』をコミックスで持っていました。スポーツは何でもできたけど、サッカー部の友だちと仲が良かったこともあってサッカーが得意でした。小学校の時は毎日のようにやっていましたね。野球は......坂本(勇人)選手に憧れていました」

── 子どもの頃から夢はプロ野球選手?

「そうです。野球を始めた時からプロ野球選手になりたいと思っていました。『なりたい』から『なれる』に意識が変わったのは、大学3年の春が終わる頃です。成績もよかったですし自分のなかで少しプロに近づいたかなと思いました」

── 東海大3年時はリーグ通算11勝1敗、防御率1.09、2季連続MVPを獲得し、大学日本代表にも選ばれました。しかし秋に右ヒジを痛めて、PRP注射等の保存療法を受けて回復を待つも状態が上がらず、大学4年の2020年6月にトミー・ジョン手術を受けました。

「手術した直後はヒジがまったく動かなかったですし、痛みもあって不安しかなかったです。とはいえ、僕は投げられない時よりも、投げ始めた時のほうが難しかったですね。投げられない時は『投げたい』という気持ちで頑張れるんですけど、投げ始めたら思うように投げられない時期が長くてつらかったです。リハビリもしんどかったですし、なによりこのまま痛みなく投げられるか、今まで投げていたボールが投げられるかと......ネガティブになっていました。メンタル的にもやられた感じで、そこが一番大変でした」