2022.03.24

真中満のセ・リーグ順位予想。巨人は投手陣に不安、阪神はまさかの最下位、「台風の目」となるのは?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

プロ野球2022開幕特集
真中満インタビュー前編 セ・リーグ順位予想

3月25日、いよいよプロ野球が開幕する。昨年、セ・リーグではヤクルトスワローズが6年ぶりのリーグ優勝を果たし、20年ぶりに日本一に輝いた。今年のペナントレースの行方はどうなるだろう。ヤクルトでの現役時代に計4回の日本一を経験し、監督として2015年リーグ優勝を果たしている真中満氏にセ・リーグの順位予想をしてもらった。

真中満氏が「台風の目」として挙げたのは中日。髙橋宏斗の先発ローテーション入りを期待した真中満氏が「台風の目」として挙げたのは中日。髙橋宏斗の先発ローテーション入りを期待した この記事に関連する写真を見る

底力のある巨人が今年は巻き返す

ーー2022年のペナントレース開幕が目前に迫っています。真中さんによる今季の順位予想を、前編と中編にわたってお送りしたいと思います。前編はセ・リーグ編。ぜひお願いします。

真中満(以下、真中) ちゃんと考えてきましたよ。さっそく、発表しましょうか。今年のセ・リーグはこちらです!

1位・東京ヤクルトスワローズ 

2位・読売ジャイアンツ 

3位・中日ドラゴンズ 

4位・横浜DeNAベイスターズ 

5位・広島東洋カープ 

6位・阪神タイガース

ーー昨年日本一のヤクルトが連覇達成を予想。その一方で昨年2位の阪神を最下位に。その理由を教えてください。

真中
 最初に断っておきたいのは、まだ各球団の新外国人選手が出そろっていないので、あくまでも開幕1週間前の時点での予想だということです。セ・リーグに関しては6球団いずれもほとんど差がないと思うんです。開幕ダッシュ、スタート次第ではどのチームも優勝も、最下位もある。そんな混沌とした状況にありますね。そんななかで、ヤクルトが投打のバランス、先発・中継ぎのバランスがいいのかなということで1位予想しました。

ーーAクラス予想の3球団について詳しく教えていただけますか?

真中 ヤクルトについてはまた別の回(後編)であらためて詳しくお話します。2位の巨人については、昨年は苦しい戦いが続いたけど、苦しみながらも3位だったという点に注目したいですね。普通、あれだけ先発投手が総崩れだと下位に沈んでも仕方がなかったのに、それでも3位に踏みとどまった。今年は目立った大型補強はないけど、昨年不調だった菅野智之にしても、丸佳浩にしても、オープン戦を見ている限りでは昨年ほど悪いことはないと思います。中田翔も移籍2年目で落ち着きを取り戻して本来の力を発揮すると思います。

ーー投手陣に関しては、菅野投手に続くのは昨年11勝の髙橋優貴、9勝の戸郷翔征の両投手が挙げられますか?

真中 投手陣に関してはハッキリ言って計算が立ちませんね。戸郷はやりそうな気配があるけど、山口俊、メルセデスは始まってみなければわからない。メジャーリーガー投手を2人獲得しているけど、右の先発候補のアンドリース、シューメーカーがどの程度活躍できるかがカギですね。先発の頭数は中日や阪神には負けるけど、打線の力も含めた総合力で2位としました。