2022.03.24

サブマリンの大エース、三冠王の最強助っ人…。オリックス党・ますだおかだ岡田圭右が選ぶ球団歴代ベストナイン

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kyodo News

プロ野球2022開幕特集

嗚呼!すばらしき球団・クラブ愛 『ファン魂』
連載 第8回 ますだおかだ 岡田圭右(オリックス・バファローズ)
インタビュー後編

芸能人など著名な方々が、好きなプロ野球球団やサッカークラブなどについての"愛"を語る連載『ファン魂(たま)』。第8回は、オリックス・バファローズの大ファンとして知られる、お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右さんにインタビュー。球団が阪急ブレーブスだった頃から長年応援し続けている岡田さんに、独自の視点でオリックスの歴代ベストナインを選出してもらった。(岡田さんが今季のオリックスを激励した前編はこちら)

岡田圭右さんが子どもの頃によくマネをしていたという当時阪急ブレーブスの山田久志投手岡田圭右さんが子どもの頃によくマネをしていたという当時阪急ブレーブスの山田久志投手 この記事に関連する写真を見る

オリックスの買収は晴天の霹靂

ーー岡田さんがオリックス・バファローズのファンになったきっかけは?

岡田圭右(以下、岡田)
 父親が前身である阪急ブレーブスのファンだったので、その影響ですね。小学2年生から野球を始めたんですけど、当時は阪急が強くて憧れみたいのもありました。好きだった選手は、山田久志さん。やっぱりあのサブマリンは子ども心にインパクトがありましたし、よくマネしていましたよ。

ーー当時の本拠地は阪急西宮球場でしたが、よく観戦しには行っていたんですか?

岡田 行っていました。初めて訪れた時、お客さんが少ないのに窓口がたくさんあって、なんやこれって思ったんですが、あれ車券売り場だったんですよね。

ーーたしか競輪場兼用だったんですよね。

岡田
 そうそう。外野席がバンクみたいになって、なんやここって(笑)。ナイター観戦もあそこが初めてだったんやけど、こんな明るいところでやってんねやって。あの球場のまぶしさは強烈な印象として残ってます。あとは家の近所にあった日生球場(日本生命球場、1950年〜1997年)にもよく行って、近鉄対阪急を観戦してましたよ。