2021.12.27

ラミレスが2021年のセ・リーグを総括。ヤクルト優勝、阪神失速の理由、来季のサプライズチームを語る

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

ラミレスの2021プロ野球総括
セ・リーグ編

ラミレス氏はヤクルトに逆転を許した阪神、来季に期待する球団について語ったラミレス氏はヤクルトに逆転を許した阪神、来季に期待する球団について語った この記事に関連する写真を見る

【阪神は来季、厳しいかもしれない】

――さて、今回からはラミレスさんに2021年シーズンを総括していただきたいと思います。前編となる今回はセ・リーグからお願いします。

ラミレス 前年最下位から見事に日本一に輝いたヤクルトが、今年のセ・リーグの主役であることは間違いないですが、開幕以来ずっと話題の中心だったのは阪神タイガースだと思いますね。

――今季の開幕前、ラミレスさんは「阪神優勝」を予想されていましたね。

ラミレス 投打のバランスが取れたいいチームだと判断したので優勝の予想をしました。投手陣が質・量ともに揃っていたし、それをリードする梅野隆太郎の安定感も増していましたから。そして、開幕からしばらくの間は私の思っていた以上に好調でした。特にジェリー・サンズと佐藤輝明は私の予想以上の活躍を見せましたね。前半戦から中盤にかけては、このふたりが打線のキーマンとして十二分に機能していました。

――しかし、シーズン中盤以降、ルーキーの佐藤選手は極度のスランプに陥りました。

ラミレス 59打席連続無安打という不名誉な記録も作ってしまったことで、矢野燿大監督が我慢しきれなくなりましたね。なかなか結果が出なくて厳しい時期ではあったけれど、この時期に矢野監督が我慢することができれば、チームは壊れなかったのではないかと考えています。

 今年の阪神は優勝するべきシーズンでしたが、結果的にヤクルトに競り負けてしまった。まだ来季の補強段階ではあるけれど、クローザーのロベルト・スアレスが退団したことも含めて、来年はAクラスも難しいかもしれない。そんな気もしています。