2021.10.04

【独占インタビュー】斎藤佑樹が悔やむあの夏「投げ方が狂って、歯車がズレ始めていた」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

 10月1日、今シーズン限りでの引退を発表した北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹。ここ数年はケガに悩まされ、満足のいくピッチングができなかったが、この決断に至った最大の理由はなんだったのか。また、斎藤佑樹にとってプロで過ごした11年はどのような時間だったのか。スポルティーバにすべてを語ってくれた。

今シーズン限りでの引退を発表した日本ハム・斎藤佑樹今シーズン限りでの引退を発表した日本ハム・斎藤佑樹 この記事に関連する写真を見る ── 現役引退を発表して、今、どんな気持ちですか。

「今は......そうですね。まずは球団からのリリースで一斉にみなさんに知らせることができたので、その点でホッとしています。直接、知らせなきゃいけない人はたくさんいたので、みんなに報告しなきゃと思っていたんです。でも球団の方と話をして、ひとりで全員に一斉に報告することはできないから、だったら球団に発表してもらおうということになって......僕、こうやって引退することを決めて思ったんですけど、ホント、周りの人に恵まれたなと思います。プロで11年、ここまでやってこられたのはそういう人たちがいてくれたからなのかなと思いました」

── 引退することを決めたのは、いつのことだったんでしょう。

「平塚のベイスターズとの試合(9月20日)に2番手として投げたんですけど、あの日、特別に右肩が痛かったんです」

── 特別に?

「それまでも肩は痛くて、真っすぐを押し込めない感じがあったんですけど、あの日の試合前はとくに痛くて、右腕を肩のラインよりも上に持ち上げられなくて......上げようとすると痛いし、シビれてくる」

── そんな状態なのに、投げないという選択肢はなかったんですか。

「なかったですね。去年、ヒジを痛めた段階で、今年1年、もし結果が出なかったら......という覚悟は持っていました。だからどんな形であってもシーズンの最後まで投げ続けなければいけないし、それが去年、ヒジを痛めていたのに契約してもらったファイターズに対する僕の最低限の責任だと思っていました」

── それでもブルペンで準備している時、さすがにヤバいな、という怖さはありませんでしたか。

「それはありました。だから痛み止めを飲んだら、それが効いたのか、ブルペンであんなに痛かった右肩が試合になった途端、痛くなくなったんです。しかも平塚の球場ってマウンドが軟らかくて土が掘れるから、体重が前に乗りやすくて腕が振れる感覚になります。そのせいか、スピードも球場の(スピード)ガンで138キロまで出て、『おっ、今日はいけそうだな』ってちょっとだけ思っちゃいました」