2021.10.04

今季の助っ人MVPは誰か?【パ・リーグ編】。優勝争いをするチームのキーマンが候補

  • 津金壱郎●文 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Jiji Photo

2021シーズン助っ人MVP候補【パ・リーグ編】

 勢いの収まらないコロナ禍のなかで始まった今シーズンのプロ野球は、外国人選手たちにとってこれまで以上に難しいものになった。

 今年3月以降、選手の入国は『特段の事情』として認められた一方、その家族についての入国は認められない状態が続いた。緊急事態宣言が21都道府県に発出され、まん延防止等重点措置がとられていた8月になって家族の入国を認める措置が取られたものの、家族愛の強い外国人選手たちが心細さを覚えたのは想像に難くない。

 2013年からオリックス投手陣を支えたブランドン・ディクソンは来日することなく退団。楽天のアダム・コンリー、巨人のジャスティン・スモーク、西武のエルネスト・メヒア、オリックスのステフェン・ロメロ、ソフトバンクのコリン・レイなども、来日の叶わない家族の存在を理由に退団を決断している。

 そうした難しい状況にあった外国人選手のなかで、今シーズンの「助っ人MVP」を決めるなら誰になるのか。パ・リーグ編、セ・リーグ編の助っ人MVP候補を取り上げたい。今回はパ・リーグ編をお送りする。

キューバ代表として東京五輪予選も戦ったリバン・モイネロキューバ代表として東京五輪予選も戦ったリバン・モイネロ この記事に関連する写真を見る  MVPというものは優勝チーム、もしくは優勝争いをしたチームから選ばれるのが常だ。もちろん、2013年に60本塁打を放ったウラディミール・バレンティンのようにNPB新記録を樹立するような場合は別だが、今季のパ・リーグにはそこまでの活躍を見せた外国人選手はいない。

 その点で言えば、今季のパ・リーグではシーズンの最佳境を迎えても優勝争いに加わっているオリックス、ロッテ、楽天、ソフトバンクに在籍した外国人選手のなかから選ぶのが筋だろう。

 リーグ優勝すれば25年ぶりのオリックスは、宮城大弥など若くてイキのいい投手が頭角を現している。だが、外国人選手はNPBで実績のあるディクソンやロメロが途中退団するなど苦戦。そのなかで助っ人を挙げるならば、来日2年目の中継ぎ右腕タイラー・ヒギンスがいぶし銀の働きを見せている。