2021.03.19

ロッテ佐々木朗希が1軍で投げられる条件。井口資仁監督が明かす優勝への手応え

  • 永田遼太郎●文 text by Ryotaro Nagata
  • photo by Sankei Visual

『特集:We Love Baseball 2021』

 3月26日、いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 今シーズン、ロッテを率いて4年目を迎える井口資仁監督。昨年はリーグ2位でフィニッシュし、クライマックスシリーズ(CS)を経験。ツワモノ揃いのパ・リーグでいかにして優勝を勝ち取るのか──2021年シーズンの展望と、理想とするチームづくりについて指揮官に聞いた。


監督4年目のロッテ・井口資仁監督
── 監督として4年目のシーズンが始まります。開幕前の手応えから聞かせてください。

「オープン戦の勝ち負けはさておき(笑)、全体的に順調にきていると思います。石川(歩)がケガで出遅れているくらいで、それ以外の選手はいい仕上がりかなと」

── 美馬学選手、二木康太選手、小島和哉選手、岩下大輝選手など、特に投手陣は充実している印象があります。

「澤村(拓一)が抜けましたが、そのぶん若い投手も出てきました。先発ではドラフト1位の鈴木昭汰と育成2年目の本前郁也がローテーション入りをうかがわせる内容を見せてくれましたし、投手陣の底上げはできている手応えがありますね」

── 昨シーズン9勝の二木選手を、今年は初の開幕投手に指名しました。

「昨年は石川と美馬がいる中で、3連戦のカードの頭を彼らに任せていたのですが、その間、二木にも『カード頭でいけるように準備を』とずっと伝えていました。昨年結果を出したことで本人の意識も変わりましたし、今年はカード頭でいこうか、と。相手もエース格が投げるので難しい試合になると思いますが、昨年以上の数字を目指してほしいですね」

── 野手陣ではキャプテン制を復活させて、中村奨吾選手にその役を与えました。

「キャンプでも若い選手を引っ張りながら、自分自身に鞭を打っている姿が見られました。ベンチでいつも率先して声を出していますし、もちろん結果にもこだわってくれるでしょう。より一層チームを牽引していってほしいですね」

── 2018年に一度廃止したキャプテン制をこのタイミングで復活させた。どのような想いがあったのでしょうか?

「監督に就任した当初(2017年)のロッテは、なかなか勝てないチームでした。それが監督4年目を控えた今、チームとして、しっかり形になってきた手応えがあります。今年のチームのスローガンは『この1点を、つかみ取る。』。キャプテン制を復活させたのは、1点を争うような試合で最後のもうひと踏ん張りというところで、誰か引っ張ってくれる選手が必要だと感じていたからです」