2021.01.03

プロ野球2021年に達成されそうな記録たち。坂本勇人に続くのは…

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 プロ野球の記録を見ていると、時間があっという間に過ぎてしまう。なかでも通算記録は、数字を積み重ねてきた選手のすごさを感じるとともに、プロ野球の長い歴史の重さを実感できる。2021年も数多くの選手が球史に名を刻もうとしている。

 打者にとって通算記録の"花形"は2000本安打で、昨年は坂本勇人(巨人)が史上53人目の快挙を達成した。今シーズン、そんな偉大な記録に挑戦するのが、栗山巧(西武)中島宏之(巨人)のふたりである。

栗山巧(西武)/1926安打(残り74本)
中島宏之(巨人)/1850安打(残り150本)

通算2000本安打まであと74本に迫っている西武・栗山巧 栗山は2008年にシーズン最多安打(167本)のタイトルを獲得し、昨シーズンも101安打を記録。順調にシーズンを過ごすことができれば、快挙達成は間違いないだろう。ちなみに、栗山は2000試合出場(過去51人達成)にもあと42試合に迫っており、こちらも偉大な大記録である。

 中島は昨シーズン100試合に出場し、83安打を放つなど復活をアピール。今シーズンの達成は簡単ではないが、レギュラーとして出場を続け、持ち前の打撃を発揮できれば決して不可能な数字ではない。

 このふたりに続くのが浅村栄斗(楽天)長野久義(広島)で、こちらは通算1500安打まであと少しに迫っている。

浅村栄斗(楽天)/1438安打(残り62本)
長野久義(広島)/1392安打(残り108本)

 ホームランに目を移すと、現役最多は中村剛也(西武)の424本。今年、節目のアーチを迎える選手はこうなっている。

通算300本塁打(過去42人達成)
ウラディミール・バレンティン(ソフトバンク)/297本(残り3本)
松田宣浩(ソフトバンク)/287本(残り13本)

 バレンティンは2013年に日本記録となるシーズン60本塁打をマークした稀代のホームランアーチストだが、昨シーズンは選手層の厚いソフトバンクで出場機会を減らし、わずか9本塁打にとどまった。記録達成は間違いないだろうが、どれだけ上積みできるか。まずはレギュラー奪取が最大の目標になる。