2020.12.23

赤星憲広が阪神の守備に苦言。「グラウンドのせいにはできない」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

 2020年のセ・リーグを2位で終えた阪神。矢野燿大監督体制になって2年連続でAクラスに入ったが、1位の巨人とは大きく差をつけられ、優勝争いをすることはできなかった。

 阪神のレジェンドOBである赤星憲広氏は、今年の戦いをどう見ていたのか。力をつけている点と、課題である守備についても言及した。

2020年の最終戦を終え、ファンに挨拶する矢野燿大監督──あらためて、阪神の2020年シーズンはいかがでしたか?

「順位としてはリーグ2位でしたが、独走を許した巨人が日本シリーズでソフトバンクに大敗したことで、ファンの中には『なんであの巨人に勝てなかったんだ』と思う方もいるでしょうね。ただ、これはすべての選手に言えることですが、コロナ禍で調整が難しい中でよく頑張ったと思います。

 成績が落ちてしまっても仕方がない状況で、今シーズンに好成績を残した選手は"ザ・プロフェッショナル"。3カ月近く開幕が遅れ、オールスターもない過密スケジュールでしたから、私が現役選手だったら打率.250を残すのも難しかったでしょうね(笑)」

──チーム内で印象に残った選手は?

「昨年よりも成績を上げた、大山(悠輔)選手と近本(光司)選手の2人でしょう。調整困難なシーズンでもケガなく、シーズンを通して1番と4番で活躍を続けられたことが何よりすばらしいです」

──来シーズン、チームキャプテンになる大山選手は打率.288、本塁打28本とキャリアハイ。なぜ飛躍できたのでしょうか。

「(ジャスティン・)ボーア選手と(ジェリー・)サンズ選手がいてくれたことが大きいですね。これまでは、彼が攻撃面の期待と結果をすべて背負う形になり、もがき苦しんでいる印象がありましたが、両外国人にプレッシャーが分散されました。

 チームの若き4番打者が成長するには、前後の打者も重要です。巨人の岡本和真選手がいい例で、坂本勇人選手と丸佳浩選手がいたからこそ、今や日本を代表する打者にまで成長できたんだと思います。来シーズン、独り立ちした大山選手がどんな活躍をしてくれるか楽しみです」