2020.09.03

「ミスターロッテ」が選外!? 八重樫幸雄が
選ぶロッテ・ベストナイン

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

「オープン球話」連載第31回 

◆他球団のベストナインはこちらから>>

【ロッテ最強投手は、マサカリ投法の「あの人」】


――八重樫さんが選ぶ「球団別歴代ベストナイン」、今回はロッテ編です。オリオンズ時代から、現在のマリーンズ時代まで、思い出に残る選手を挙げてください。

八重樫 ピッチャーは村田兆治さんかな。まだ大エースになる前の、若手時代の村田さんを二軍で見ているんですよ。当時はマサカリ投法じゃなかったんだけど、まだまだコントロールに難があって、球は速いけど粗(あら)も多いピッチャーだった。でも、それがあの独特の投げ方を身につけて大エースになって、さらにトミージョン手術の先駆けとして、見事に復活も遂げた。ここは村田さんで決まりじゃないかな。

ロッテの主砲だった落合博満(左)とエースの村田兆治(右)――確かに「サンデー兆治」としての復活劇は感動的でしたし、先日の始球式で見せたように、70歳の現在でもすごいボールを投げますからね。

八重樫 若い頃から、とにかく強く腕を振るピッチャーでしたね。その代わり、どこに来るかわからない(笑)。だから、あんなすごいピッチャーになるなんてまったく思わなかった。おそらく、追究心がすごいんでしょうね。あれだけ膝をかがめたピッチングフォームにたどり着くまでに、相当な研究をしたはずです。そして、それを支える強靭な下半身。村田さんの成功は努力のたまものだという感じがするね。

――他の候補は誰かいましたか?

八重樫 村田さん以外では迷わなかったな。伊良部秀輝もすごかったし、牛島和彦もいたし、仁科時成も印象的な投手だったけど、ここは文句なく村田さんでいきましょう。