2020.05.28

巨人・炭谷銀仁朗はナイスガイ。
万全の準備と仲間への気配りを忘れない

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Sankei Visual

あの時もキミはすごかった〜巨人・炭谷銀仁朗編

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で「第102回全国高等学校野球選手権大会」の中止が決定された5月20日。早朝のネットニュースで1つの記事が目に止まった。

 日本プロ野球選手会が日本高野連に対し、今夏の地方大会開催の援助を目的とした寄付を検討しているというものだった。そして、その記事のなかに第9代選手会長の炭谷銀仁朗(巨人)の名があった。

 ようやくシーズン開幕日は決まったものの、いまだ予断を許さない状況が続く野球界。この難局のなかでの「選手会長・炭谷」に、勝手ながら必然的な巡り合わせを感じている。

高校時代、甲子園出場はならなかったが強肩・強打の捕手として注目された炭谷銀仁朗 強く、優しく、頼れる男──これが平安高校(現・龍谷大平安)時代から取材を重ねてきた炭谷の印象だ。そして、このナイスガイがつくられた原点は、間違いなく家庭にある。

 父の英毅さんは平安出身で、母の実由記さんは高校時代にソフトボール部に所属し、捕手として活躍したという。それだけでも十分すぎるエピソードだが、じつは炭谷が少年時代、野球よりも前に熱中したのが水泳だった。

 水が苦手で、顔をつけさせるのも頭を洗うのも苦労したという両親が、水に慣れさせようと3歳からスイミングクラブに通わせた。選手育成に力を注ぐ本格的なクラブで、炭谷はスイマーとしての資質をみるみる開花していく。当時の練習は相当ハードで、以前、本人が苦々しい顔をしながら振り返ってくれたことがあった。