2020.05.07

八重樫幸雄が獲得を喜んだ右腕。
ハズレ1位でも「藤浪よりよかった」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

「オープン球話」連載第20回 第19回はこちら>>

2012年ドラフト1位でヤクルトに入団した石山泰稚 photo by Kyodo News【大谷翔平に揺れた2012年ドラフトの思い出】

――引き続き、八重樫さんのスカウト時代の思い出を伺っていきます。今回は、スカイツリー開業で沸いた2012(平成24)年です。この年は日本ハムが花巻東高校の大谷翔平を単独指名しています。岩手県の花巻東高校出身ということは八重樫さんの担当ですね。高校時代の大谷をどのように評価していましたか?

八重樫 「投手として」の能力はもちろんダントツでしたよ。でも、高校時代はそんなに多く投げていないんです。高校3年夏に強豪校相手に投げていたけど、僕が見る時はほとんど外野手として出場していて、「打者として」見る機会が多かったですね。もちろん、打者としても一流でした。以前話した菊池雄星もそうだったけど、菊池も大谷も、誰が見ても一級品なので、スカウトとしての力量が問われるということはない選手でしたよ。

――スカウトの目から見て、八重樫さんは「投手として」「打者として」、どちらが向いていたと思いますか? あるいは「二刀流」を進めるべきと考えていましたか?

八重樫 当時、花巻東の佐々木(洋)監督にも同じことを聞かれましたね。僕は自分が野手だったし、打撃コーチを経験していたこともあるので、その時は「長く選手生活を続けるのなら野手としてバッターに専念した方がいいと思う」とは言いました。あの天性の長打力、ミート力、パンチ力を見たら誰だってそう考えますよ。それにしても、佐々木監督はいつも、質問してくるタイプなんだよね(笑)。