2020.05.05

高卒1年目でプロを見下ろす度胸。
松坂大輔を支えた投球以外のすごさ

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの投球」
第3回 西武・松坂大輔
プロ初先発・初勝利(1999年)

 高校野球で"怪物"と恐れられていても、夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成しても、プロ野球はレベルが違う。同じ野球という競技であっても、高校野球とプロ野球は地続きではない。18歳の高卒ルーキーが、修羅場をくぐり抜けた打者たちをバッタバッタと切って取るシーンなんて見られるはずはないだろう。1999年4月7日、東京ドームの外野席に座っていた筆者はそう思っていた。

プロ初先発の日本ハム戦で勝利を挙げた松坂 1998年春のセンバツで優勝、夏の甲子園ではPL学園(大阪)、明徳義塾(高知)など強豪に勝ち、決勝では京都成章(京都)をノーヒットノーランで抑えて深紅の大優勝旗を手にした。1998年の松坂大輔は確かにすごかった。しかし、PL学園時代に甲子園で通算20勝を挙げた桑田真澄でも、読売ジャイアンツ入団1年目はわずか2勝に終わっている。松坂が呼び名通りの"怪物"でも、「プロの洗礼を浴びるのではないか」と見る向きも多かった。

 西武ライオンズにドラフト1位で入団した松坂が、プロデビュー戦で対戦したのは北海道に移転する前の日本ハムファイターズ。"ビッグバン打線"の異名をとるだけあって、破壊力はすさまじい。1番はいぶし銀の井出竜也、2番はのちに2000安打を達成する強打の小笠原道大。3番には、1987年に甲子園春夏連覇を果たしたPL学園の主砲・片岡篤史が座っている。