2020.05.06

19歳初登板で稲葉篤紀に投じた
驚きの一球。武田翔太に度肝を抜かれた

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Kyodo News

日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの投球」
第4回 ソフトバンク・武田翔太
プロ初登板・初先発・初勝利(2012年)

 そういえば、彼はマウンドで笑っていた。

「僕はファンのみなさんに笑顔を見てもらいたいんです」

 セールスポイントを問われると、150キロを超す剛速球でも3種類のカーブや2種類のスライダーを巧みに操る七色の変化球を挙げるわけでもなく、あどけない表情でそう答えた。決してニカっとした笑顔ではない。唇は閉じたまま口角だけを上げ、もともと切れ長の目をさらに細くして、やさしい表情をつくる。

 まだ19歳だった頃の武田翔太(ソフトバンク)だ。

プロ初登板で6回無失点の好投を見せた武田翔太 今から8年前、とんでもないルーキーが現れたと心底驚いた。この年、11試合に先発して8勝1敗。高卒ルーキーの8勝もすごいことだが、防御率はなんと1.07である。

 しかし、残念ながら新人王は獲得できなかった。益田直也(ロッテ)が72試合に登板して2勝2敗1セーブ(41ホールド)、防御率1.67の成績を挙げ、年間を通じて一軍で投げたことが評価された。ただ、武田は優秀新人賞という特別表彰が授与された。

 それにしても武田が残したインパクトは強烈だった。まだプロに入りたての十代の若者が、マウンドで笑顔を浮かべながら並み居る先輩打者たちをきりきり舞いにした。

 武田は抑えた時だけでなく、打たれた時も、マウンドに上がる時も、ベンチに下がる時も柔らかい表情を浮かべていた。そんなニューヒーローが見せる笑顔は「相手に失礼」と、時に非難の対象となった。しかし、武田の笑顔は決して相手に向けられたものではなかった。