2020.03.25

里崎智也「名捕手にリードは関係ない」。
衝撃的な発言のその意図とは…

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

里崎智也が語るYouTubeと今季のプロ野球 後編

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月24日開幕を目指すことになった今季のプロ野球。いまだ見通しが立たない厳しい状況のなか、各チームは無観客の練習試合を行ない、来たるべき日に向けて調整を進めている。

 開催時期の協議が続いている東京五輪の影響を含め、これまでにない複雑な日程で進むだろうシーズンで、活躍が期待される選手は誰なのか。千葉ロッテマリーンズの正捕手として活躍し、2006年の第1回WBCでも日本代表の世界一に貢献した里崎智也に、注目選手を挙げてもらった。

 前編に続き、聞き手は人気YouTubeチャンネル『Satozaki Channel』でアシスタントを務める袴田彩会(あやえ)アナ。里崎が「奇跡のパートナー」と認める袴田アナがさまざまなことを聞き出すうちに、話は熱い「捕手のリード論」に移っていった。

西武の正捕手として、昨シーズンのリーグ優勝に貢献した森友哉袴田 前編では『Satozaki Channel』についてお話ししましたが、今回は里崎さんの今季の注目選手について伺おうと思います。今年のキャンプ、オープン戦などを見て、気になった選手はいますか?

里崎 僕の古巣であるロッテから言うと、3年目の安田(尚憲)ですね。昨シーズンはファームで安打、本塁打、打点のイースタン・リーグ3冠王(116安打、19本塁打、82打点)に輝きました。1軍では2018年の17試合しか出ていませんが、今年は出場機会を増やしてほしいです。