2020.03.19

元ホークス吉村裕基はオランダ→沖縄へ。
NPB131本塁打の男が選んだ道

  • 広尾晃●文 text by Hiroo Koh
  • photo by Hiroo Koh

 琉球ブルーオーシャンズのキャンプ地である沖縄・東風平(こちんだ)球場のネット裏で、吉村裕基は快活な表情を見せた。両腕の筋肉は入道雲のように盛り上がり、とても2年前にNPBを退いた選手とは思えない。

沖縄という地に可能性を感じたと語る吉村裕基 吉村は2002年に東福岡高校からドラフト5巡目で横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に指名された。

「もともと高校ではピッチャーをやっていたので、同級生からは『ピッチャーでプロに行くの?』と言われましたが、スカウトの方からは外野かサードだなと」

 奇しくも、同年のドラフトで横浜が自由枠で指名したのが、高校の4年先輩で日大時代に20本塁打を打った大学屈指の強打者・村田修一だった。村田も大学に進学して、投手から野手に転向していた。

「大卒の即戦力と高卒じゃ、全然立場が違いました。でも、やるからには先輩を追い越したいと思っていたんですけどね」

 こうしてプロの世界に足を踏み入れた吉村は、内野手として3シーズンを過ごしたが一軍定着はならなかった。おもに一塁を守ったが、守備でも迷いがあった。

「今になってみればわかるんですけど、ゴロを『正面に入って捕れ』って言われると、体がガチガチになっちゃうんですよ。去年、アリゾナでMLBのキャンプを見させてもらったのですが、向こうの選手はそういう動き方はしません。自分の動きやすい体の使い方を考えている。僕はまず、そういうところで行き詰まってしまった......」