2019.04.01

巨人を戦力外=限界ではない。
中井大介がDeNAで得た新感覚

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kyodo News

 今季の横浜DeNAベイスターズのスローガンは『Go Beyond the Limit.』(限界を超えろ)だが、一方でラミレス監督はキャンプ中から「Enjoy Baseball」と口にし、チームのムードを高めている。

“必死さ”と”楽しむ気持ち”。一見すれば相反する言葉のように思えるが、選手のなかでこのスタンスを見事に体現しているのが今季DeNAに入団した中井大介だ。

巨人を戦力外となり、トライアウト後にDeNAに入団した中井大介 中井は昨年のシーズン後、11年間所属した巨人から戦力外通告を受けた。いわば選手として”限界”を突き付けられたわけだ。中井は当時のことを振り返る。

「突然のことで正直なところ、どうしたらいいのか自分では判断のつかない時間が続きました。けど前に進むしかない。自分は野球をやるという選択しか考えられなかったので、チャンスがある限り挑もうって。そこでトライアウトを受けたのですが、幸いベイスターズさんに声をかけてもらって」

 獲得を一番早く伝えてきたのはDeNAだった。中井は迷うことなく受諾した。

 ただ、不安はあった。キャンプ前は、果たして自分には何が求められているのかはっきりとは見えなかった。ゆえに自主トレでは動ける体づくりに主眼おいた。また新天地ということで、当然のようにチーム内のことは右も左もわからない。

「新鮮ではあるんですが、知らない人も多いし、内心はドキドキでしたよ」

 そんな中井にまず声をかけたのがキャッチャーの伊藤光だった。中井とは同じ東海地区出身の同級生。以前はリーグも異なり軽く言葉をかわす程度の関係だったが、自身も昨年月にDeNAに移籍してきたことから、力になれればと案内役を買って出た。キャンプ前には横須賀の二軍施設に同行し、自主トレ中のチームメイトに中井を紹介した。

 伊藤は中井にDeNAについて次のような話をしたという。

「中井はジャイアンツにいたから伝統とかしきたりとかいろいろ大変だったんじゃないかなと思うんですが、ベイスターズは固くないというか……監督をはじめコーチの方たちも接しやすいし、相談したことがあればしっかりと受け止めてくれるやりやすいチームだよという話はしました」