2018.12.18

カスティーヨ、ファンミル…。
相次ぐ事故で知るジャーニーマンの過酷

  • 阿佐智●文・写真 text by Asa Satoshi

 12月6日、ショッキングなニュースが飛び込んできた。大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)のチームメイトでもあったメジャーリーガーのルイス・バルブエナらを乗せた乗用車が、ベネズエラの高速道路で事故に遭い、2人が死亡したというのだ。

 彼らは地元プロ野球リーグのララ・カージナルスのメンバーで、遠征先から本拠地であるバルキシメトへの帰途、不幸に見舞われたらしい。追報では、この事故は強盗団が路上に仕掛けた「置き岩」によるもので、このような事件はアメリカとの関係悪化からここ数年、経済危機に陥っているベネズエラでは珍しいわけではないのだという。彼らの所属球団は、チームバスも用意していたのだが、別行動で移動したことが仇(あだ)となった。

日本でもプレーした経験があるオランダ生まれのファンミル そのメンバーのなかには、横浜ベイスターズ(現・DeNA)や千葉ロッテマリーンズでプレーした経験もあるホセ・カスティーヨも含まれていた。

 そして8日、今度は南半球・オーストラリアで元楽天のルーク・ファンミルが遠征先のキャンベラで交通事故に遭い、重体になったという報せが届いた。

 2014年に1シーズンだけプレーしたのみで、7試合に登板しただけだから覚えている人は少ないと思うが、日本プロ野球史上最高身長(216センチ)の投手として話題を振りまいたので、記憶に残っている人もいるかもしれない。

 彼はオランダ出身で、楽天入団前年の2013年のWBCの試合で来日している。この時、長身から投げ下ろす速球がスカウトの目に留まり、楽天との育成契約につながったようだ。その後、支配下登録され、一軍マウンドも経験したのだが、残念ながら、日本ではその力を発揮することはできなかった。

 日本を去った後は、母国オランダのトップリーグ(フーフトクラッセ)でプロ生活を続けていた。オーストラリアのウインターリーグには3年前のシーズンより参戦。今季はブリスベン・バンディッツでプレーしていた。