2018.02.03

「プロ野球の三軍とは何なのか?」
球界で一番詳しい大道コーチに聞く

  • 寺崎江月/文・写真 撮影協力/おかず家 由ん(福岡)

 昨年、日本一となった福岡ソフトバンクホークスを支えた千賀滉大と甲斐拓也のバッテリーに共通するのは、育成契約で入団した選手であることだ。支度金のみで契約金はゼロ、背番号は3桁で、三軍からスタートしてチームの主力に這い上がった。

 今やソフトバンクが強い要因のひとつともいわれる三軍制度とは何なのか。その意義や実態について、球界で唯一、ソフトバンク(三軍打撃コーチ)と巨人(育成コーチ)の2球団で三軍の指導を経験した大道典良氏(現ソフトバンク二軍打撃コーチ)に聞いてみることにした。

ホークスの日本一を支えた千賀滉大(左)と甲斐拓也の育成出身バッテリー photo by Kyodo News
──現役を引退後、2012年に巨人の育成コーチになったときの大道さんの役割を教えてください。

大道 はい。でもその前に、巨人を引退して育成コーチになるまでのお話を軽くさせてもらってもいいですか。

──もちろんです。

大道 2010年に引退が決まり、球団事務所に「4年間ありがとうございました」と、お別れの挨拶に行きました。そこで当時の清武英利GMに「これからどうするんだ?」と急に聞かれたので、「コーチになりたいです」と言ったら、「巨人はすでにコーチの枠は埋まっているけど、ヤンキースのマイナーでのコーチ留学なら自費になるけど仲介はするよ」と言われたのが最初でした。
 
 あまりにも突然だったので、「1日考えさせてください」と。その時すでに九州のテレビ局から解説者のオファーもあったので心が揺らぎました。でも、いろいろな方に相談するなかで、決め手は南海ホークス時代の先輩である加藤伸一さんが「解説者にはいつでもなれる。アメリカに行ける機会は滅多にないからそっちに行った方がいいんじゃないか?」と背中を押してくれたのです。