2017.12.11

契約金2千万円が実は300万円。
GG佐藤が明かす「プロ野球とお金」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

「プロ野球で1億円稼いだ男のお金の話」 G.G.佐藤(前編)

 昭和のプロ野球では年俸1000万円が一流選手の証(あかし)だった。それが3000万円になり、1億円に上がっていき、現在では、4億円以上の年俸を稼ぐプロ野球選手が何人もいる。

 しかし、プロ野球選手には選手寿命がある。どんなすばらしいスターも衰えと無縁ではない。能力や成績が年俸に見合わないと判断されれば戦力外を通告され、移籍先が見つからなければユニフォームを脱ぐことになる。そのときには当然、年俸はゼロになる。

 プロ野球で「天国と地獄」を経験した元プロ野球選手に、お金にまつわる様々な話を徹底的に聞くシリーズ企画。第1回に登場してもらうのは、埼玉西武ライオンズ打線の主軸を担い、北京オリンピック日本代表でも活躍したG.G.佐藤氏。

 契約金や年俸の「推定」は正しいのか? 「グラウンドに銭が落ちている」は本当か? なぜ大金は身につかないのか? 球団との年俸交渉の実態は? そして、お金よりも大切なものは何なのか?

ルーキー時代のG.G.佐藤。安い契約金に「やってやる」と燃えていた

■プロ野球ほど儲かる仕事はない……は本当か?

──埼玉西武ライオンズ時代に年俸1億円を突破したGG佐藤さんですが、プロ野球選手になるとき、これくらい稼いでやろうという目標はありましたか?

佐藤 サラリーマンの生涯年収が3億円ぐらいだから、「プロになるなら3億は稼げ」とまわりの人には言われました。NPBで9年プレーして、それはなんとかクリアできたかな。