DeNAの若手が「日本シリーズ学校」で
ソフトバンクから学んだこと

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by(C)YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

「この経験を生かし来年は優勝しかないと思いますし、チームを引っ張っていけるような選手になりたい。今年1年、毎試合勝ちたいと強い気持ちで挑めたシーズンだったので、来年はもっと強い気持ちというか技術的にも精神的にもレベルアップして戦えるようにしたいです」

 チームに浸透し、根を張りつつあるポジティヴな"ラミレスイズム"。CSでは代打として3ランとタイムーリーヒットを放つなど活躍したものの、日本シリーズでは8打数ノーヒットだった乙坂智は、相手チームを称えながらも足元をしっかりと見つめていた。

「ソフトバンクは優勝にふさわしいチームだと思いますし、2勝の差というのは凄く大きく感じます。ベイスターズもいいチームですけど、もっと個々が強くならないと。日本シリーズを経たことで、僕だけじゃなく、みんなやるべきことが変わってくると思います。この悔しさを忘れずもっと練習していきたい」

 ラミレス監督は日本シリーズの采配について「まったく後悔はしていない。やるべきベストの決断をして、ベストの選手を使って敗れた」と潔く語るが、その象徴的な存在が絶対的守護神である山﨑康晃だろう。第6戦では9回に1点リードの場面でマウンドに上がり、内川聖一に本塁打を浴び同点にされた。痛恨の失点であったが、山﨑は悔しさを押し殺し、気丈に語った。

「悔しいというよりは勝負をして結果が出てしまった以上、自分の実力不足としか言えない。この事実は変えられません。内川さんの方が上だったということ。1球の甘さというのを痛感させられました。今日、悔しい思いをして、今後結果が出たときに、あのとき経験して良かったなと思えるようにしなくちゃいけない。本当に無駄にしたくない1日だったので、この経験を胸に焼き付けて、今後の糧(かて)にしていきたいと思います」

3 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る