2017.10.03

ヤクルト真中監督しみじみ
「幸せな時間は、勝って酒を飲む夜でした」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

ヤクルト真中満監督、惜別インタビュー(後編)

「来年、監督を引き受けても、勝つ自信がありません」

 ヤクルト真中満監督は、8月22日の退任会見でそう語った。3年間どれだけ苦しくとも、常に前を向いてきた監督が放ったその言葉に、胸が締めつけられる思いがした。それと同時に、「えっ?」と疑問を抱いたのも事実だった。あの言葉の真意、そしてヤクルトへの思いを聞いた。
前編はこちら>

今季、球団ワーストとなる敗戦記録を更新してしまった真中監督―― 退任会見での発言の真意を教えてください。

「あの会見は言葉足らずでした。決して、このチームでは勝てないということではないんです。正直、僕としては打つべき手はすべて打って、もう手詰まりの状態でした。来年、自信のないなかで指揮を執っても、それが選手には伝わりますし、ファンに方にも失礼になります。僕の現状の能力と指導力ではチームを立て直す自信がないということで……」

―― 今シーズン、主力選手の相次ぐ故障が低迷の大きな理由だったと思うのですが、それをカバーする選手が出てこなかったことは誤算でした。若手が育つのを期待して、彼らを積極的に起用するという考えはありましたか。

「大切なのは、一軍の試合に見合う選手かどうかということです。球場では最下位が確定しているにも関わらず、多くのファンが一生懸命応援してくれています。その前でプロとして恥ずかしい試合は見せられません。僕としては一軍レベルに達した選手を、初めて”我慢”して使うことになるんです。もちろん、若い選手たちに一軍の雰囲気や経験を積ませる目的で起用する考えもあります。でも、無理に起用して結果が出せず、自信をなくすことだって考えられる。そこは二軍の高津(臣吾)監督を含め、現場がいちばんわかっています。『一軍にいる選手の方が絶対にいい』という報告があれば、入れ替えるわけにはいきませんよね」