2017.10.08

寺島成輝、5失点デビューも
「大体の感じはわかりました」と来季に自信

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 ペナントレースも残りわずかとなり、ポストシーズンの展望やドラフト候補の動向に注目が集まるこの時期。そんな中、昨年のドラフトの主役のひとりだったヤクルト・寺島成輝がプロ初登板を果たした。9月30日の中日戦(神宮)がその舞台だった。

 初回、先頭の京田陽太をストレートで見逃し三振を奪い最高のスタートを切ったが、二死からランナーをひとり置いて4番の福田永将にレフトスタンド中段へ完璧な一発を食らってしまう。

 2回にも2点、4回にも1点を失い、なおも走者を残したところでマウンドを降りた。3回0/3で被安打5、与四球3、奪三振3、失点5。ドラフト1位ルーキーの快投を期待したファンにとっては、物足りない結果に終わってしまった。

寺島成輝のプロ初登板は3回途中5失点とほろ苦いものになってしまった ただ、この日の寺島にとっては、結果や内容よりも、一軍レベルを肌で感じられる舞台に立てたことが何よりの収穫だったに違いない。試合後、クラブハウスに向かいながら、いつもの落ち着いた口調で寺島は言った。

「実際に投げてみて、大体の感じはわかりました。今日はそれがよかったです」

 この日、回途中まで73球を投じた。真中満監督は「70球をめどに5回ぐらい投げてくれれば」と試合前に語っていたが、球数の多さからも苦しいマウンドだったことがわかる。試合後、制球力の向上を課題に挙げた寺島だったが、ストレートのさらなるレベルアップが来季活躍のカギを握ることも明らかになった。

 73球のうちストレートは36球で、140キロを超えたのは12球。最速は143キロだった。初回の京田を三振に仕留めたストレートは見事だったが、一軍で活躍するレベルを考えるとボリューム、キレとも足りない印象を受けた。