2016.03.24

2016セ・リーグ予想は「ヤクルト×阪神の一騎打ちになる!」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

プロ野球順位予想~セ・リーグ編

 今シーズン、セ・リーグは3人の新監督が誕生し、全員が40代と一気に若返った。はたして、このなかで頂点に立つのはどのチームなのか。解説者の山﨑武司氏、野口寿浩氏、野村弘樹氏に今シーズンのセ・リーグについて語ってもらった。

「超変革」をキャッチフレーズに掲げた阪神の金本知憲監督

◎山﨑武司
1位:巨人
2位:阪神
3位:ヤクルト
4位:中日
5位:DeNA
6位:広島

「マイコラスが開幕に間に合わず、内海哲也と杉内俊哉も使えない状態で、非常に厳しいと思うんだけど……オレは巨人ファンじゃないよ(笑)。今年は打線が投手陣をカバーするのかなと思うんです。去年サッパリだった阿部慎之助や長野久義らが今年も打てないとは考えられない。そこに足でかき回せる重信慎之介が加わり、中軸には坂本勇人もいる。明るい兆しはあります。セ・リーグは全体的に投手のレベルが低く、結局、消去法で巨人になるんだよね。

 阪神は金本知憲監督になって何が変わったかといえば、ベテラン組だよね。特に西岡剛を重視していて、キャンプでは彼が降参するまで監視していた(笑)。ベテランはその気にさせたら力を発揮するし、彼らがいることで若手ものびのびとプレーできる。そのなかで高山俊という素晴らしい新人が入ってきた。バランスのいいチームになりつつあるよね。

 先発陣はメッセンジャー、藤浪晋太郎、岩田稔、能見篤史と軸が固定できている。5番手にはおそらく(藤川)球児が入ると思うんだけど、軸がしっかりしての+α球児ですから、相当面白いと思います。1位にしたいところだけど、毎年、後半戦に失速するからね。去年もそうだったでしょ。金本監督がどこまで変えることができるのか、楽しみですよね。