脇谷亮太が語る巨人復帰。由伸監督への思いと「ひちょり精神」

  • 寺崎敦●文 text by Atsushi Terasaki
  • photo by Kyodo News

──パ・リーグの打者で印象的だったのは?

 ソフトバンクのギータ(柳田悠岐)と、チームメイトだったオカワリ(中村剛也)ですね。中村選手は普段からずっと一緒にいて、彼のパワーはひと目でわかります。でも、必死に練習して相当な数を振り込んでいるのかと思ったらそうでもなくて、僕らと同じメニューをやるだけなんです(笑)。ただ、ここ一番の集中力はすごい! 本当にホームランか三振かという4番バッターです。セ・リーグにはいないタイプかな。あと、すみません、もうひとり、パ・リーグで大きな影響を受けた選手がいたのですが、語っても大丈夫ですか?

──もちろん、どうぞ。それは誰でしょう?

 稀哲(ひちょり・森本)さんです。チームメイトとして身近にいて、あの明るいキャラクターと野球に対する情熱は、とても勉強になりました。僕のいた頃の巨人に誰か近い人がいたかなぁと思い返してもみましたが、ああいうタイプはいなかったですね。ですから、僕がどんどん、今のチームに稀哲さんのスピリッツを伝えていきたいと思っています。あの引退試合での最後、チームの全員がなんとか稀哲さんまで打席を回そうとしていた光景は、ベンチの外で松葉杖をつきながら観戦していたのですが、一生忘れられない場面でした。

──では、あらためて今季の目標を聞かせてください。

 ジャイアンツというチームは、日本一が最優先です。監督、コーチ、選手もすべてそこを目指してやっていて、とにかく使命感が強い。ですから、僕自身も数字的な目標はありません。どんな状況においても「行け」と言われたら、なんでもこなすような準備をするだけです。

──最後に脇谷選手の今シーズンを漢字一文字で表すと?

「信」です。信じて見守ってください!

プロ野球記事一覧>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る