2015.09.30

選手プロデュース弁当界のナンバー1は「のりもとんカレー」だ

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文・写真  text & photo by Hasegawa Shoichi

パ・リーグ主義で行こう! 
「選手プロデュース弁当」徹底比較 第3回 西武・楽天編

 
前回前々回に続いて、パ・リーグ各球団の「選手プロデュース弁当」比較の第3回目をお届けしたい。最終回は西武と楽天の2球団。両チームとも、質量ともにリーグ有数の弁当ラインナップを誇る。はたして、その内容は?

【西武】
 独特のネーミングで、さまざまな「選手プロデュース弁当」を生み出しているのが西武ライオンズ。そのほとんどに当該選手のステッカーとカードがついていて、「その選手を応援しているんだ」という高揚感も満たされる。9月25日現在、8選手、全12種類もの弁当を誇り、他にも単体メニューが数多く並んでいる。

 めずらしいのは炭谷銀仁朗選手。一人で「銀丼(1300円)」「銀ちゃんのチーズフォンデュ風たこやき(650円)」「ぎんやき(570円)」と3種類もプロデュースしているのだ。ちなみに、「銀丼」は特製のうま味ソースを絡めたカツ丼で、「チーズフォンデュ風たこやき」はトロトロのチーズをかけたたこ焼き。そして、「ぎんやき」もたこ焼きなのだが、これは普通のたこ焼きで目新しさはない。「銀つながり」ということで、人気店「築地銀だこ」とコラボしたようだが、安直な感は否めない。

数ある弁当の中から、筆者が心ひかれたのは新作・ 森友哉選手の「フルスイング弁当」

 僕が大注目していたのが、9月8日から発売された森友哉選手の「フルスイング弁当(1400円)」。この弁当を食すために、発売初日の開門前に西武プリンスドームに到着。すぐに店頭に行き、購入に成功。予想通り試合開始1時間前の17時頃にはすでに完売していた。気になる中身だが、次の通り。

 鶏そぼろご飯/カニクリームコロッケ/コーンクリームコロッケ/ジャガイモとベーコンとほうれん草のソテー/唐揚げ/チンジャオロース/春雨サラダ