2015.05.11

メジャースカウトが語る「大谷翔平の最新評価」

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 投手と野手の二刀流でプロ野球界の注目を浴び続けている日本ハムの大谷翔平。しかし、最終的には……つまり、メジャーに移籍する際には投手での挑戦になるだろうと、ほとんどの人が思っているのではないだろうか。球速160キロを超えるあのストレートを見れば、誰だってそう思うのは無理もない。

昨年は日本人選手としてはじめて「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を達成した大谷翔平

 ただその一方で、バットを置かせるのも惜しいなと思っている人も多いに違いない。美しい放物線、左右に打ち分ける技術を見れば、メジャーの投手相手にどこまでやってくれるのか、期待したくもなるものだ。

 大谷がメジャーへ移籍するのはそう遠い未来の話ではない。その時、彼は本当に投手として海を渡ることになるのだろうか。

「大谷は、世界中を見渡してもトップクラスのプロスペクトだ」

 そう語るのはメジャーリーグのある球団の関係者だ。プロスペクトとは有望株とでも訳すべきか。彼の言うトップクラスのプロスペクトとは、投手としての評価だ。そしてその価値は、ニューヨーク・ヤンキースが田中将大に投じた金額(約160億円)を容易に上回るのではないかと彼は語った。

 しかし彼は、大谷が打者としてメジャーに行くことも十分にありえる話だと言う。

「投手として急成長しているが、打者としてもかなり進歩している。あれだけバットにボールを乗せるのがうまくて、パワーもあって、しかも走れる。もし彼が『野手としてメジャーに行きたい』と言っても、誰も驚かないだろうね」