2015.04.24

無失点男。楽天・松井裕樹が語る「2年目の躍進」のワケ

  • 穂積健太郎●文 text by Hozumi Kentaro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 プロ2年目にしてチームの守護神を務める楽天・松井裕樹が好調だ。開幕2戦目の3月28日、日本ハム戦で4-2とリードした9回に登板すると、2つの三振を奪うなど三者凡退に打ち取り、プロ初セーブをマーク。チームの今シーズン初勝利に貢献した。

 ここまで(4月23日現在)8試合に登板し8回1/3を投げ、許したヒットはわずか2本。奪三振11、防御率0.00という圧倒的な数字を残し、存在感を見せつけている。

今シーズンからリリーフに転向した楽天・松井裕樹

 今季の好調ぶりは沖縄・久米島での春季キャンプ中から表れていた。第1クールの2月4日のブルペンでのことだった。ドラフト1位ルーキー・安樂智大に視線が集中する隣でピッチングを行なっていた松井は、安樂が投げるたびに切られるシャッターの音をかき消すかのように、強烈な捕球音をブルペン内に響かせていた。

 この日投じたのは62球。その最後の1球は、低めに構えたミットを突き上げるような見事なストレートだった。そして松井は誰に聞かせるでもなく、こうつぶやいた。

「カンペキ」

 手応えを感じていたのは、松井だけではない。大久保博元新監督も松井のボールにほれ込んだひとりだ。そして指揮官は「勝つには必要な投手になってきている。毎日いてもらわないと困る」と、リリーフ転向の決断を下した。さらに、今季抑えを務めるはずだったキャム・ミコライオが椎間板ヘルニアで全治3カ月の診断を受けると、大久保監督は迷うことなく、松井を”クローザー”に指名した。