2015.03.18

栗山監督が語る大谷翔平「アイツは昭和の野球選手」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 昨年、日本ハムの大谷翔平は日本人選手として初めて「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を達成した。そして二刀流挑戦3年目を迎えた今季、大谷は開幕投手に指名された。栗山英樹監督はどんな思いで、大谷に大役を託したのだろうか。そして今シーズンの大谷に何を求めるのか。栗山監督が大谷翔平について、すべてを語った。

3年目の今季、日本ハムの開幕投手に指名された大谷翔平

―― 栗山監督の目に、20歳の大谷翔平はどんなふうに映っているのですか。

「正直、一番本音が見えないかな(苦笑)。ただ、こちらが勝手にそう思い込んでいるだけなのかもしれないね。というのは、彼はこちらの意図をすごく考えるし、自分の存在価値もわかってる。本当にいい子だと思えば思うほど、ふと『翔平、本当のところはどう思っているのかな』って思っちゃう。そんなふうに思わせる選手はなかなかいないし、稀有(けう)な存在だよね」

―― 去年の今頃、監督はプロ2年目の大谷選手について「日本一から逆算して考えると(大谷)翔平が中6日のローテーションで投げなきゃダメだ」とおっしゃっていました。あれから1年、今やローテーションは当たり前のところにまで来ていると思いますが、プロ3年目、今年の彼に求めるものは何ですか。

「もちろん結果も必要だけど、一番、求めているのは”姿”かな。要するに、翔平がマウンドに上がれば必ず勝つとみんなが思うところまで持っていってほしいということ。実際、だいぶ雰囲気は出てきているよね」

―― だからこそ、開幕投手を早い段階で託したということですか?

「開幕投手というところだけじゃなくて、オレは翔平にもっと違う、もっと大きなことを課したからね。なぜオレが開幕投手を2月20日に伝えたのか。なぜ2月20日でなければならなかったのか……それは、その日が長嶋茂雄さんの誕生日だったから。これからの彼は、長嶋さんがやってきたことを作っていかなきゃいけないから。プロ野球は今、新しい方向に歩み出さなきゃいけない時期に来ている。そのためには、みんなが見たいという選手がいなければいけないんだ。それは斎藤佑樹もそう。そういう意識を選手自身が持たなきゃいけないからこそ、佑樹にも翔平にも、開幕投手を伝える時には手紙を書いた。オレが何を求めているのか、おまえは何をしなきゃいけないのかということを、きちっとした形で示すべきだと思ったんだ」