2015.03.02

7年目の正直。巨人・大田泰示は「今年こそ本物か?」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 抜群の身体能力に長打力……誰もがその将来性に大きな期待を抱いているのが、巨人の外野手・大田泰示(24歳)だ。だが、入団してから昨年までの6年間はその期待を大きく裏切り続けてきた。昨年も自己最多の44試合に出場したが、打率.246、2本塁打、12打点と結果を残せず、レギュラー獲りはならなかった。

7年目の今季、大田泰示はレギュラーの座をつかむことができるのか

 しかし、背水の陣で挑む7年目。大田はレギュラー奪取どころか、4番争いを演じている。首脳陣の中には、「今年の大田は何かつかんだような気がする」と目を細めるものもいる。そして誰よりも大田の成長を感じているのが、原辰徳監督だ。

「これまで(大田)泰示には何度、期待を裏切られてきたかわからない。それでも、もう一度、だまされてみようと思っているんだ」

 その言葉通り、紅白戦、オープン戦で原監督は大田を4番に指名した。初の実戦となった2月12日の紅白戦。「4番・センター」でスタメン出場した大田は、初回に西村健太朗からタイムリーを放つと、翌日の試合でも3安打。幸先のいいスタートを切った。

 そして長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督が視察に訪れた15日の紅白戦では、新外国人のマイコラスからバックスクリーン右に飛び込む特大の一発。次の打席でも久保裕也からライトオーバーの二塁打を放った。大田のバッティングを見た長嶋氏は「(ホームランは)外角のボールをうまくセンターに持っていった。去年の秋から今年にかけていい感じで打っている。ひょっとしたら面白いよ。今年は」と絶賛した。