2012.02.01

【プロ野球】ポストダルビッシュ!次世代のエースはコイツらだ

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

先発ローテーション入りの期待がかかる3年目の中村勝 2月1日、プロ野球のキャンプが一斉にスタートした。杉内俊哉、ホールトン、村田修一を獲得し、久しぶりの大型補強を行なった巨人。さらには新球団・横浜DeNAの中畑清監督をはじめ、中日、阪神もそれぞれ新しい指揮官を迎えるなど、何かと注目を集めるセ・リーグ。

 一方、昨年は「佑ちゃんフィーバー」で大きな盛り上がりを見せたパ・リーグだが、今年は球界の大エース・日本ハムのダルビッシュ有がメジャーに移籍し、昨年日本一のソフトバンクからも和田毅、杉内、ホールトンの三本柱がチームを離れ、楽天を創成期から支えた岩隈久志も海を渡るなど、各チームのエースたちが大量流出。ファンにとっては寂しいキャンプとなるが、その一方で昨年沢村賞を獲得した田中将大(楽天)を中心としたパ・リーグの投手たちが創っていく"新たな時代"に注目が集まる。

 かつてパ・リーグには主力選手が次々とセ・リーグやメジャーに流出していた時代があった。そうした状況の中で、各チームは他から補強するのではなく、若手を徹底的に鍛えて戦力を作り上げてきた。こうした流れで育った選手たちが、「実力のパ」を守り続け、支えてきたのだ。

 そして、こうした流れは今もしっかりと受け継がれている。エースがいなくなった日本ハム、ソフトバンクだが、次の世代のエース候補たちは順調に成長している。

 日本ハムの中村勝(20歳)は、"ポスト・ダルビッシュ"の一番手として大きな期待が寄せられている。1年目には高卒ルーキーながら初登板、初先発、初勝利を記録。昨年は一軍での登板は2試合だけだったが、ファームではチーム最多となる100回2/3を投げ、8勝をマーク。春日部共栄高時代に"埼玉のダルビッシュ"の異名をとった本格派が、今シーズンどこまで成長を遂げるのか楽しみだ。