2022.05.24

筒香嘉智は「自動的にアウトになる」と地元ピッツバーグでも失望の声。低迷の理由は「打球の方向」に表れている

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by スポニチ/アフロ

 筒香嘉智(ピッツバーグ・パイレーツ)の打撃がパッとしない。昨年8月のパイレーツ移籍後、最初の13試合で5本塁打という強烈なインパクトを残した筒香は、単年400万ドル(約5億1712万円)で再契約を結び、今季は主力としての活躍が大いに期待された。

 ところが......5月22日(現地時間:以下同)には本塁打を放ったものの、その前の試合までの打撃成績は、32試合で103打数18安打13打点、打率.175と低迷。二塁打3本と本塁打1本、長打率は.233と自慢の長打力も完全に鳴りを潜めている。(※22日の試合を含めた成績は105打数19安打14打点、打率.181長打率.267)

 選手の貢献度を示すWARは-0.6(ファングラフス指標)で、パイレーツで30試合以上に出場している選手の中でダントツの最下位。この成績でも4番~6番の中軸としてスタメン出場は続いているが、無安打に終わる試合も増えてきた。

開幕から苦しいバッティングが続く筒香開幕から苦しいバッティングが続く筒香 この記事に関連する写真を見る  結果が出せない筒香に、地元ピッツバーグも我慢の限界に達したようだ。地元スポーツメディア『DK・ピッツバーグ・スポーツ』は、「彼は本当にひどいとしか言いようがない」と痛烈に批判。ファンからも「筒香がまだチームに残ってるなんて冗談だろう?」「筒香がこれほどひどいなんて信じられなかった。ピッツバーグ周辺大学の選手のほうが優秀では」「5月いっぱいで復調しなければクビ(DFA)にすればいい」といった厳しいコメントがSNS上で増えている。

 筒香との再契約を歓迎していたパイレーツ専門メディア『バックス・ダグアウト』のジェイク・スルボドニック記者も、「筒香は今お気に入りの選手ではない。スタメンにその名があれば、"自動的にアウトになるだろう"と思うようになりました。彼は迷走しているように見えます」と現状に失望している様子だ。

 今の筒香にとっては、パイレーツのデレク・シェルトン監督に「彼にはボールを場外に飛ばせる力があるのは皆が知っていること。彼の力は戻ってくる」と信頼されていることが唯一の救いだろう。