2016.03.01

球団史上初のFA選手獲得ゼロ。
ヤンキースはケチになったのか?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by Getty Images

 1976年にメジャーリーグでフリーエージェント(FA)制度が導入されて以来、ニューヨーク・ヤンキースのジョージ・スタインブレナー・オーナーは札束攻勢で、毎年大掛かりな戦力補強を行なってきました。「金は出すが口も出す」スタンスのワンマンオーナーが2010年に亡くなったあとも、息子が新オーナーとなってその伝統を受け継ぎ、ヤンキースはFA選手の獲得を積極的に進めてきたわけです。

FA制度を積極的に活用したジョージ・スタインブレナー・オーナー しかし今オフ、ヤンキースはメジャー30球団で唯一、FA選手の獲得がゼロでした。これは球団史上初のことで、まさに「ヤンキース歴代屈指の珍事」です。いったい、名門球団に何が起きたのか――。今回はヤンキースの思惑について説明しようと思います。

 今回、ヤンキースがFA選手を獲得しなかったのは、ふたつの理由が挙げられます。まずひとつは、「ブライス・ハーパーを獲得するため」です。

 2010年にワシントン・ナショナルズからドラフト1巡目・全体1位で指名されたハーパーは、2011年にわずか19歳6ヶ月でメジャーデビューを果たしました。その年のナ・リーグ新人王に輝き、昨シーズンは153試合に出場してナ・リーグ1位タイの42本塁打で初タイトルを獲得。打率.330(2位)・99打点(5位タイ)もさることながら、もっともすごかったのが「OPS」の数字です。